Rakuten infoseek

辞書

過失責任主義【カシツセキニンシュギ】

デジタル大辞泉

かしつせきにん‐しゅぎ〔クワシツセキニン‐〕【過失責任主義】
損害の発生につき、故意過失がある場合に限り加害者が賠償責任を負うこと。過失主義。→無過失責任主義

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしつせきにんしゅぎ【過失責任主義】
故意過失に基づいて他人に損害を与えた場合にのみ損害賠償責任を負うという民事責任上の法原則をいう。過失責任主義は,債務不履行責任についても認められるが(民法415条),通常,不法行為責任の法原則として理解される場合が多い(709条)。
[沿革]
 不法行為責任の最も古い形態は復讐および贖罪金の制度といわれるが,そこでは,刑事責任と民事責任とは未分化の状態にあった。やがて,不法行為責任の刑罰的性質が薄れるにつれて損害賠償の性質が強められてきた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かしつせきにんしゅぎ【過失責任主義】
故意または過失によって他に損害を与えた場合に限り、その賠償責任を負うという原則。近代法はこれを採用するが、経済発展に伴い、無過失責任を認める分野が生まれた。過失主義。 ⇔ 無過失責任主義

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

過失責任主義
かしつせきにんしゅぎ
「故意または過失がなければ、自己の行為の結果、他人に損害を与えても損害賠償責任を負わない」とする立法上の原則をいう。歴史的には、過失の有無を問わず加害行為の結果について責任を負うこととされていたから、責任主義(原因主義)が先行するが、ローマ時代後期(とくにビザンティン期)以後しだいに過失概念が明確化され、過失責任主義が成立していった。
 近代市民法の下では、過失責任主義が多かれ少なかれその中核とされ(日本の民法709条)、近代市民法の原理の一つとなっている。
 近代法における過失責任主義の機能は、個人の自由な活動の保障、すなわち自由競争の確保にある。なぜなら、個人は、通常人として必要な注意義務さえ果たせば、損害賠償責任のおそれなしに自由に活動できるからである。しかし他方、20世紀後半になると、近代企業の発展、高速度交通機関の発達、原子力の利用などによる環境汚染(公害)が進むに伴い、過失責任主義はその矛盾・限界が明らかとなり、これらの領域では、過失の有無にかかわらず損害を賠償させる無過失責任主義(災害補償、鉱害賠償など)が発展してきている。[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かしつせきにん‐しゅぎ クヮシツセキニン‥【過失責任主義】
〘名〙
① 故意または少なくとも過失のある行為にかぎって、その損害を賠償すべきものとする民事上の責任。
② 故意がなくても、過失によって一定の罪を犯した者に対し、刑罰を科せられるという刑事上の責任。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過失責任主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

過失責任主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.