Rakuten infoseek

辞書

過労【カロウ】

デジタル大辞泉

か‐ろう〔クワラウ〕【過労】
身心を損ねるほど働きすぎて疲れがたまること。「過労から病気になる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かろう【過労】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かろう【過労】
体や頭脳を使いすぎて、疲労すること。 -で倒れる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

過労
かろう
過労とは、疲労が回復しないうちに、次の疲労が加わり、これが繰り返されて、疲労が蓄積した状態とされる。疲労は生体の防御反応の一つと考えられ、だるさ、食欲不振などを訴えるが、休養すれば回復するものである。しかし、実際には一晩の睡眠で完全に回復する場合もあれば、休日などの休養で回復する場合もあるというように、種々の程度がある。いずれにしても、過労に対しては、疲労を回復させることがだいじであり、多忙になりやすい現代では、1日の疲労を一晩で回復することは不可能でも、1週の疲労は休日で回復することに努めるなど、いわゆる生活の知恵が望まれる。また、疲れ(疲労感)は、種々の病気の全身症状としても自覚されることが多いため、回復しにくい疲労の場合、簡単に過労と自己診断することは危険で、医師の診察を必要とする。[渡辺 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ろう クヮラウ【過労】
〘名〙 体または精神を使いすぎること。また、その結果、疲労がたまること。
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉三一「精神を過労(クヮラウ)せしめて体育の妨を為す可らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過労」の用語解説はコトバンクが提供しています。

過労の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.