Rakuten infoseek

辞書

運用【ウンヨウ】

デジタル大辞泉

うん‐よう【運用】
[名](スル)
そのもののもつ機能を生かして用いること。活用。「法規の運用を検討する」
自衛隊で、行動の意で使う。「陸海空すべての部隊運用の権限が新設された統合幕僚監部へ移った」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うんよう【運用】
スル
物の機能を生かして用いること。活用。 法の-をめぐって論争する
金銭を利殖などの目的のために他の財産形態に変えること。 財産を-する
運転。特に、操船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うん‐よう【運用】
〘名〙 働かせ用いること。物をうまく使うこと。活用
※大学垂加先生講義(1679)「其本体のなりに明のきらりきらりとはたらく運用ていが知ぞ」
※養生訓(1713)二「みづからたちて我身を運用すべし」 〔袁宏‐三国名臣序賛〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

運用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.