Rakuten infoseek

辞書

遊離脂肪酸【ゆうりしぼうさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊離脂肪酸
ゆうりしぼうさん
free fatty acid
血中に存在する脂肪酸のうち,コレステロールのようにエステルとなっていないものをさし,非エステル化脂肪酸ともいう。血液中ではほとんどが血清アルブミンと結合して運搬される。オレインを主とする血中遊離脂肪酸は,各種細胞の消費するエネルギーの 50~60%を分担している。遊離脂肪酸の血中濃度は,真性糖尿病甲状腺機能亢進症,副腎髄質機能亢進症,飢餓などの際に上昇するほか,恐怖,緊張などの精神的刺激でも上昇する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうり‐しぼうさん〔イウリシバウサン〕【遊離脂肪酸】
脂肪の分解によって生じる脂肪酸。生体内でエステルなどになっていない脂肪酸。血漿アルブミンと結合し、肝臓に運ばれてエネルギー源となる。飢餓状態や糖尿病ではふつう濃度が上昇する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

遊離脂肪酸
 非エステル型脂肪酸ともいう.エステル型の脂肪酸に対してエステルになっていない脂肪酸すなわち,脂肪酸そのものをいう.絶食時に血中量が増加する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

遊離脂肪酸
脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解されてできる脂肪です。20 分程度の運動をすると、脂肪細胞から排出され、エネルギーとして消費されます。また、肥満によって蓄えられた脂肪が増加すると、この遊離脂肪酸が血中に移動し、それがインスリン抵抗性を高め、血糖値を高くします。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆうりしぼうさん【遊離脂肪酸】
脂肪が分解されて生じる脂肪酸で血漿けつしよう中にアルブミンと結合して存在するもの。飢餓状態や糖尿病のときに、血漿中の濃度が極端に上昇する。非エステル型脂肪酸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊離脂肪酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊離脂肪酸の関連情報

他サービスで検索

「遊離脂肪酸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.