Rakuten infoseek

辞書

遊里【ユウリ】

デジタル大辞泉

ゆう‐り〔イウ‐〕【遊里】
一定の区画を仕切って遊女屋を集めてある地域。遊郭。くるわ。いろざと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうり【遊里】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうり【遊里】
くるわ。遊郭。色里。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆう‐り イウ‥【遊里】
〘名〙 一定の区画を仕切って公認の遊女屋を多く集めてある地域。また、私娼を置いた店が集まった、いわゆる岡場所をもいう。いろざと。くるわ。遊郭。
※浮世草子・好色文伝受(1688)一「次に遊里の沙汰をいはば、原・島・新の三箇の津を大里として宿々に傾里あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

遊里
ゆうり
遊女屋が集団で営業を許された一定区画の地域
遊廓・傾城 (けいせい) 町・悪所ともいう。江戸初期に江戸の吉原大坂新町,京都の島原などに,それまで市内に散在していた遊女屋を統合したことに始まる。武士町人の社交場ともなり,太夫 (たゆう) のような高級遊女も出現した。江戸文学の舞台や題材になることが多い。明治以降も公認されたが,戦後の1957年売春防止法の施行により消滅した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遊里
ゆうり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊里」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊里の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.