Rakuten infoseek

辞書

遊女【ゆうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

遊女
ゆうじょ
売春婦,売笑婦,娼婦,傾城 (けいせい) ,うかれめ,あそびめなどともいう。ある報酬のもとに,歌舞音曲を供し,また不特定の男の枕席にはべり,しかもその行為を営利的に継続的に行う女をいう。その発生起源は巫女 (みこ) の宗教的職能にあったといわれる。文献的には『万葉集』にすでにみられ,大江匡房の『遊女記』によると,平安時代には港などに白拍子などと呼ばれて集団的,定住的に存在した。室町時代には都市の発展とともに公娼制が始り (傾城局) ,江戸時代には集娼制がとられ,大坂の新町,京都の島原,江戸の吉原などが官許の公娼地として有名となり,また岡場所といわれる私娼地も栄えた。公娼,私娼はさらに各都市,各宿場にもおり,大夫,天神,かこい,端女郎,格子,局,散茶,梅茶などの格づけもあった。明治以降も存在したが,明治の中頃から廃娼運動が起り,1956年売春防止法の成立によって,公娼は完全に否定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆう‐じょ〔イウヂヨ〕【遊女】
江戸時代、公認の遊郭、また宿場などにいた娼婦。女郎娼妓(しょうぎ)。傾城(けいせい)。
歌舞により人を楽しませ、また、枕席にもはべることを業とした女。白拍子(しらびょうし)傀儡女(くぐつめ)などの類。遊君。あそびめ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうじょ【遊女】
売春婦の古称。日本の文献に遊女のことが出るのは《万葉集》の遊行女婦(うかれめ)が最も古く,以後10~12世紀ころまでに,うかれめ,遊女(あそびめ∥あそび),遊君(ゆうくん),および中国語の妓女(ぎじよ),娼女(しようじよ),傾城(けいせい)などの称が使われるようになった。以後これらの用語が併用されるなかで,遊女の語が音読して〈ゆうじょ〉となって広く用いられた。16世紀以後はさらに女郎(じよろう),おやま,花魁(おいらん)などの名称が加わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あそびめ【遊女】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうじょ【遊女】
古来、宴席などで歌舞をし、また、寝所に侍ることを職業とした女。あそびめ。うかれめ。遊君。
遊郭の女。娼婦しようふ。女郎。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

遊女
ゆうじょ
近代以前の売春婦に対する代表的名称。平安時代に遊女(あそびめ)とよばれたものが、のち音読して遊女となったものである。売春婦がいつごろ日本に発生したかは不明だが、『万葉集』に遊行女婦(うかれめ)の語があって、放浪売春婦の存在が認められる。遊行女婦は、遊芸人としての性格をもった巫女(みこ)の一種であるとする説が有力だが、帰化人説などもあり、いまだ確定していない。その後、平安時代の末期に人形物真似(ものまね)をみせる傀儡女(くぐつめ)、男舞(おとこまい)の演技者である白拍子(しらびょうし)などが、売春婦の新形態として加わった。女芸人と遊女との間には、のちに現れる近世初頭の女歌舞伎(かぶき)を含めて密接な関係があった。これは売春における情緒的要素を構成する一側面であって、生理的な性欲発散だけが目的の売春婦との差を示す重要な因子となる。
 傀儡女らのなかには1か所に定住するものもあったが、本質的には放浪または巡行する性格のものであった。これに対し、社会の進展、とくに交通・宿駅・都市の発達に応じて、人間の集中する地区に定住する売春婦が増加した。彼女らは、浮かれ女(め)、遊女、妓女(ぎじょ)、傾城(けいせい)などいろいろな名でよばれたが、いずれも別称や雅言に類するもので、地域性や営業形態の差を表現したものではない。そのなかで遊女はもっとも一般的な名称または総称として使われた。名称の包含する範囲は広く、淀(よど)川下流の江口(えぐち)(大阪市)・神崎(かんざき)(兵庫県)の水上売春婦も遊女とよばれていた。宿駅などに定住する遊女の存在は、遊女屋が成立していたことを意味し、そこに新しく遊女との雇用関係を生じ、背後では人買いや身売りが日常化した。中世末期には城下町や門前町などの発展とともに遊女の数はさらに増加したと考えられる。近世になると、まず豊臣(とよとみ)秀吉が京都・大坂などに遊廓(ゆうかく)を設置して正式に公娼(こうしょう)制を敷き、江戸幕府はこれを継承した。しかし、公認された遊女が均質だったわけではなく、初期においてすでに太夫(たゆう)・格子(こうし)・端(はし)の3階級があり、後期には10数種に細分された例もあった。こうした区分は、時代や地域によって名称なども一様でないが、容色や技量の優劣による評価が遊女の待遇や格式に反映し、揚代(あげだい)に大差がつくだけでなく遊興形式に決定的な差をもたらすことは共通していた。江戸幕府の公娼政策が不徹底なため、公娼のほかに私娼もいて、その名称と形態は多様であった。そのころの遊女の概念は明確でなく、売春婦全体に用いることもあったが、一般には公娼をさすことが多く、狭義には公娼のなかでも上級の太夫や花魁(おいらん)を意味した。それは、古代以来の芸能売春婦の系統を継ぐものとみなしたからであろうが、太夫などは各遊廓に1~5%しかおらず、しだいに少数となって、有芸の売春婦はむしろ一部の私娼に移る傾向があった。近世における遊女の雇用形態は、基本的には身売り的年季奉公であり、まれに年季中に身請(みうけ)されることがあったが、遊廓外へ出ることを禁じられたように生活の自由は著しく制限された。明治以後は、公娼制がさらに強化整備されたが、公娼の名称が娼妓に統一されたことと、質が低下したために、女郎、花魁などは俗称として残ったが、もはや遊女とよぶことはなくなった。そして1946年(昭和21)の公娼制廃止により、遊女の系統は完全に消滅した。[原島陽一]
『中野栄三著『遊女の生活』(1965・雄山閣出版) ▽滝川政次郎著『遊女の歴史』(1977・至文堂) ▽西山松之助著『遊女』(1979・近藤出版社) ▽小野武雄著『遊女と廓の図誌』(1983・展望社) ▽今戸栄一編『遊女の世界』(1985・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あそび‐おんな ‥をんな【遊女】
※天草本平家(1592)二「ヲナジ asobi võna(アソビヲンナ)ト ナラバ、タレモ ミナ アノ ヤウ デ コソ アリ タケレ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あそび‐め【遊女】
〘名〙 歌舞により人を楽しませ、また、売春する女。ゆうじょ。あそびおんな。あそびもの。あそび。うかれめ。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「よるひる、あそびめすゑて、すきものいますかめる宮に参りては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう‐じょ イウヂョ【遊女】
〘名〙
① 遊んでいる女。出て遊ぶ女。〔詩経‐周南・漢広〕
② 歌舞によって、人を楽しませ、また、枕席にも侍った女。うかれめ・白拍子(しらびょうし)・傀儡女(くぐつめ)などの類。あそびめ。遊君。
※日本紀略‐長保二年(1000)三月二六日「今日。東三条院遷御淀河之間、遊女群参。給米百石」 〔杜牧‐長安雑題長句詩〕
③ 江戸時代、官許の遊郭の娼妓(しょうぎ)と、各所に存在した私娼の称。女郎。傾城(けいせい)
※正宝事録‐七・慶安元年(1648)二月二八日「吉原町之外、けいせい遊女之類、抱置申間敷候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊女」の用語解説はコトバンクが提供しています。

遊女の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.