Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

逼塞【ひっそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

逼塞
ひっそく
江戸時代の刑罰の一つ。武士僧尼に科せられ,『公事方御定書』には,「を閉ざし,夜間くぐり戸より目立たないように出入りすることはさしつかえない」とある。また病気や火事の場合は閉門のときと同様この限りではなかった。閉門より軽く,遠慮より重いとされている。なお明治政府も,仮刑律において公家,武士,僧尼の閏刑の一つとしてこれを採用している。続く『新律綱領』では不採用。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひっ‐そく【×逼塞】
[名](スル)《せまりふさがる意》
落ちぶれて世間から隠れ、ひっそり暮らすこと。「郷里に逼塞する」
江戸時代の武士や僧侶に科された刑罰の一。門を閉ざして昼間の出入りを許さないもの。閉門よりも軽く、遠慮より重い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひっ‐そく【逼塞】
〘名〙
① (━する) せまりふさがること。逼迫(ひっぱく)していること。
※正法眼蔵(1231‐53)仏性「七通を逼塞することなかれ」
② (━する) 姿を隠してこもること。身をつつしむこと。謹慎すること。また、零落して引きこもること。落ちぶれて世間から隠れ住むこと。
※仮名草子・智恵鑑(1660)一「御勘気をかうむり、ひっそくしおるものなどを」
③ (━する) 内心推量すること。
※毛利家文書‐(弘治三年)(1557)一一月二五日・毛利元就書状「唯今如此候とても、ただただ内心には、此御ひっそくたるべく候」
④ 江戸時代の刑罰の一つ。武士・僧侶などに科せられた自由刑で、門を閉じ昼間の出入りは禁ぜられたが、夜間潜戸(くぐりど)から目立たないように出入りすることは許された。五〇日、三〇日の二種があり、閉門より軽く、遠慮より重い。〔禁令考‐後集・第四・巻三五・宝永元年(1704)一二月〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逼塞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逼塞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.