Rakuten infoseek

辞書

連語【レンゴ】

デジタル大辞泉

れん‐ご【連語】
二つ以上の単語が連結して、一つの単語と似たような働きをもつもの。二つ以上の単語が結合して一つの単語と同じ働きをもつようになった複合語とは区別される。
繋辞(けいじ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

れんご【連語】
二つ以上の単語が連結し、一つの単語と等しい働きをするもの。「我が君」「いけない」「もひとつ」「えたり」「とかや」の類。
〘論〙 「 繫辞けいじ」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

連語
れんご
文の一部で、語と語とが結び付いて一定の意味を表しているもの。たとえば「庭の桜がきれいに咲いた」という文において、「庭の」も連語であり、「庭の桜」「庭の桜が」も、「咲いた」「きれいに咲いた」も連語である。また「咲いた」のように、助動詞のついた連語を「活用連語」ということもある。連語の多くは文の成分をなしている。[鈴木英夫]
『橋本進吉著『新文典別記 口語篇』(1948・冨山房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れん‐ご【連語】
〘名〙
※横浜新誌(1877)〈川井景一〉小学校「一校内教局に分つ、〈略〉或は問答或は習字、又単語又連語各時間に依て、其教を異にす」
② 二つ以上の単語が連結して、一つの単語と等しいはたらきをもつ一まとまりをなしているもの。体言・用言などの自立語に、一つまたは二つ以上の助動詞がついて一つの用言のようなはたらきをもつものを活用連語という。また、「をして・について・をもって・によって」などを、助詞相当連語という。〔中等教科明治文典(1904)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連語の関連情報

他サービスで検索

「連語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.