Rakuten infoseek

辞書

連署【れんしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

連署
れんしょ
他者の名に連続して署名すること。法律および政令にはすべて主任の国務大臣が署名し,内閣総理大臣が連署することになっている (日本国憲法 74) 。 (→副署 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連署
れんしょ
鎌倉幕府の職名。元来は文書連名署判すること (連判ともいう) をさした。鎌倉幕府では執権に次ぐ要職で,執権の補佐役として政務を司り,幕府が発布する公文書下文 (くだしぶみ) ,下知状御教書 (みぎょうしょ) に執権とともに署判した。元仁1 (1224) 年北条泰時が執権のとき,叔父時房がこの職に補せられたのがその始り。以後,北条氏一門の有力者が任命され,なかには連署に就任したのち執権に進む者もあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れん‐しょ【連署】
[名](スル)
同一の書面に二人以上の者が署名すること。また、その署名。「正副委員長が連署する」
鎌倉幕府の職名。執権を補佐し、幕府の公文書に執権とともに署判する重職

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんしょ【連署】
(1)1通の文書に複数の者がその官姓名,花押を列記すること。この場合,おおむね身分の高い者,上席者が宛所に近い後部に記される。ただし包紙のように上部に宛所,下部に差出者を記すものは普通の席次をもって行い,かつ多くの場合に連名者中の首末2名のみを記した。【笠谷 和比古】(2)鎌倉幕府の職名。執権を助けて政務を行い,執権とともに幕府発給の文書(政所下文(まんどころくだしぶみ),下知状(げちじよう),御教書(みぎようしよ)など)に署判するところからこの称がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れんしょ【連署】
( 名 ) スル
同一書面に二人以上の者が署名すること。
鎌倉幕府において執権を補佐しつつ政務に参画する重職。幕府発給の公文書に、執権とともに署判を加えたための名。執権に近い北条氏一門の有力者・長老の中から選ばれたが、設置されない場合もあった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れん‐じょ【連署】
〘名〙 (後世は「れんしょ」)
① 一通の文書に二人以上の者がその姓名を列記し、また花押を書くなどすること。また、その文書。連判。
※続日本紀‐養老元年(717)四月壬辰「其有乞食者、三綱連署、午前捧鉢告乞」
太平記(14C後)二六「討死せんと思て過去帳に入たりし連署(レンショ)の兵百十三人」 〔北史‐顔之推伝〕
② 鎌倉幕府の職名。執権を助けて政務を総裁し、幕府の公文書である下知状・御教書に並んで署判する重職。執権、連署を合わせて両執権・両執事、または両後見などと称する。北条氏一門の有力者が任ぜられた。連判。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連署」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連署の関連情報

他サービスで検索

「連署」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.