Rakuten infoseek

辞書

連用形【レンヨウケイ】

デジタル大辞泉

れんよう‐けい【連用形】
国文法活用形の一。活用する語の語形変化のうち、文中で文を中止するときの形。また、文語では助動詞けりたり」など、口語では助動詞「」などを伴っ用いられ、形容詞の場合連用修飾語にもなる。六活用形の第二に置かれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

れんようけい【連用形】
用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち第二番目に置かれる。「白く光る」における「白く」のように、下の用言に続くときに使われる形。他に、「山青く、水清し」の「青く」のように、文をいったん中止したり、「休み」「遠く」のように名詞に転用したりするのに用いられる。なお、動詞の場合には、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などに接続したりする。また、文語の四段・ナ変・ラ変の動詞や口語の五段動詞には、本来の形のほかに音便の形があり、形容詞には本来の形のほかに音便やカリ活用の形もある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れんよう‐けい【連用形】
〘名〙 国文法で、活用形の一つ。活用表では、第二段におかれる。その用法は、文中で文を中止したり、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などを伴ったり、形容詞の場合には、連用修飾語にもなる。なお、動詞は、この形を複合のための要素とし、この形で名詞化する。文語の四段・ナ変・ラ変活用の動詞、口語の五段活用の動詞には、本来の形のほか音便の形があり、一・二段活用では未然形と同形。形容詞活用では、音便の形、また、「あり」との結合による形が併合される。「連用形」の名は、東条義門の「友鏡」「和語説略図」の命名、連用言に基づく。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第二活用形の『死に』は『死に損ふ』『死に難し』のく、直に他の動詞又は形容詞即用言に連る形なれば連用形といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連用形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連用形の関連情報

他サービスで検索

「連用形」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.