Rakuten infoseek

辞書

連声【れんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

連声
れんじょう
(1) 平安時代末期から室町時代まで日本語にあった音韻現象。「三位 (サンミ) 」「因縁 (インネン) 」「雪隠 (セッチン) 」のように,ア行,ヤ行,ワ行音が,m音に続くときはマ行音に,n音に続くときはナ行音に,t音に続くときはタ行音に替ること。室町時代には撥音のmとnの区別が失われたので,マ行音に替る連はほとんどみられなくなった。連声はまず上例のような漢字熟語の内部で起ったが,次第に「今日は (コンニッタ) 」のように和語との結合にも及んだ。しかし,今日の日本語にはいくつかの固定した語に残っているにすぎず,生産力を失っている。 (2) サンスクリット語のサンディー saṁdhī(sandhi)の訳語で,語形成や単語連続において規則的にみられる音韻交替現象をさす。単語内部で語根接辞の間に起るものを内連声 (ないれんじょう) ,連続した単語間ないし複合語の構成要素間に起るものを外連声 (がいれんじょう) と呼んでいる。連声の結果生じた音のとおりに表記される。 (3) 一般的に,文中の単語連続の発音が,その個々の単語を独立に発音した場合と異なる現象。フランス語のリエゾンなど。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れん‐じょう〔‐ジヤウ〕【連声】
《〈梵〉sandhi(saṃdhi)の訳》二つの語が連接するときに生じる音変化の一。前の音節の末尾の子音が、あとの音節の頭母音(または半母音+母音)と合して別の音節を形成すること。「三位(さんい)」を「さんみ」、「因縁(いんえん)」を「いんねん」、「今日(こんにち)は」を「こんにった」という類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんじょう【連声】
国語学上,前の音韻とそれにつづく音韻とが合して,別個の音になること。たとえば,〈ギンナン(銀杏)〉は分析するとギン+アンであって,初めからギン+ナンではなく,〈サンミ(三位)〉はサン+イであって,初めからサン+ミではない。また〈セッチン(雪隠)〉はセツ+インと分析されて,セッ+チンとは分析されない。すなわち,このように〈ン〉でおわる漢字または〈ツ〉でおわる漢字が,ア行音(またはワ行音)ではじまる漢字と結びつく場合におこる上のような音変化を連声とよぶのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れんじょう【連声】
二つの語が連接するときに生ずる音変化の一。日本語では、漢語の熟語を中心に始まったもので、唇内・舌内の鼻音( m ・ n )および舌内の入声音( t )の次に来たア・ヤ・ワの三行の音がマ・ナ・タ行音に変化することをいう。「さむゐ(三位)」が「さんみ」に、「にんわじ(仁和寺)」が「にんなじ」に、「せついん(雪隠)」が「せっちん」に転ずる類。主に中世の文献に見えるが、近世以降は語として固定した限られた語を除き、一般には消滅。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

連声
れんじょう
漢語の熟語で、唇内撥音(はつおん)-m、舌内撥音-n、舌内入声(にっしょう)音-tで終わる漢字のあとにくるア・ヤ・ワ行音が、マ・ナ・タ行音に変化する事象。たとえば、オンヤウ(陰陽)>オンミャウ、サンイ(三位)>サンミ、インエン(因縁)>インネン、ケンヨ(顕与)>ケンニョ、サツイ(薩位)>サッチ、ヒツイウ(必由)>ヒッチウ の類。この事象の発生がいつごろであったかを文献によって確認するのはむずかしいが、院政期にはすでに発生し、とくに仏典の読誦(どくじゅ)音では頻発していたと思われる。室町時代になると、オンイリ(御入)>オンニリ、コンニチワ(今日は)>コンニッタのように、和語の場合にも発生したが、今日では特定の方言を除いて、おおむね語彙(ごい)的に固定してしまっている。[沼本克明]
『福島邦道「連声と読み癖」(国語学会編『国語学』第52集所収・1963) ▽浜田敦「連濁と連声」(京都大学国語国文学研究室編『国語国文』第29巻10号所収・1960)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れん‐じょう ‥ジャウ【連声】
〘名〙
① 二つの語が連接するときに生ずる音韻上の変化。前の語の末尾、後の語の頭、またその両方におこるものがある。日本語については、通例、ア・ヤ・ワ三行の音を頭音節にもつ語が、m・nまたはtを末尾にもつ字音語のあとに連続するとき、その頭音がマ・ナ行またはタ行の音に転ずるものをいう。「因縁(いんえん)」を「いんねん」、「三位(さんい)」を「さんみ」、「仏恩(ぶつおん)」を「ぶっとん」、「今日(こんにち)は」を「こんにった」という類。中世の現象で、現在では一部の語にしか連声を起こした形が残っていない。この語はもと梵語 sandhi (saṃdhi)の訳語であるが、日本の悉曇学では、漢字に音訳された梵語について複雑な悉曇連声を説いた。れんせい。
悉曇蔵(880)五「今見五句八字連声並有二種
② 和歌、連歌、俳諧で、一首または一句の中での各句の連接が同母音でなめらかにつながっていること。→五音(ごいん)連声
※長短抄(1390頃)「連声の句なれば連声にてこそあるべけれども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れん‐せい【連声】
〘名〙
① 声をつらねること。つぎつぎに声を発すること。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「すでに聞く、雨降んとして連声(れんセイ)に鳴く」 〔水滸伝‐第一六回〕
② =れんじょう(連声)①〔語法指南(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連声」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連声の関連情報

他サービスで検索

「連声」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.