Rakuten infoseek

辞書

連体形【レンタイケイ】

デジタル大辞泉

れんたい‐けい【連体形】
国文法で活用形の一。活用す語の語形変化のうち、体言に連るときの形。一般に連体修飾語て用いられるが、文語では、そのほかに、係助詞なむ」を受けて文を終止したり、助詞「」などを伴ったりする。六活用形の第四に置かれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

れんたいけい【連体形】
用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち第四番目に置かれる。「考える人」「白い山」における「考える」「白い」などのように、体言を修飾するときに用いられる形。文語では、係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」を受けて文を終止したり、単独で詠嘆的に文を終止したりするのに用いられ、また、下にくるべき体言が省略された形で体言と同等の資格をもつ用法などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れんたい‐けい【連体形】
〘名〙 国文法で、活用形の一つ。活用表では第四段におかれる。体言を修飾するときの語形。文語ではその他、係助詞「ぞ・なむ・や・か」を受けて文を終止したり、また、助詞「か・ぞ」などを伴ったりする。「こと・もの・ひと・の」などの意味を含んで体言と同等の格に立つこともある。文語では、四段活用動詞以外の活用語に連体形と終止形との区別があるが、口語では、形容動詞と助動詞の一部を除き、すべて連体形と終止形とは形を一にする。なお、「連体形」の名は、東条義門の「友鏡」「和語説略図」に見られる「連体言」にさかのぼる。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第四活用形の『死る』は『死ぬる人』『死ぬる時』のく体言の上につづく形なれば連体形といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連体形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

連体形の関連情報

他サービスで検索

「連体形」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.