Rakuten infoseek

辞書

造船疑獄【ぞうせんぎごく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

造船疑獄
ぞうせんぎごく
1953年「外航船舶建造融資利子補給及び国家補償法」の成立政府出資の計画造船の割り当てをめぐって起こった贈収賄事件。日本特殊産業の商法違反の取り調べにを発し,1954年1月山下汽船,日本海運手形の不正が発覚,さらに飯野海運をはじめとする海運各社が運輸省の高官および自由党幹部に贈賄している事実が明るみに出た。検察庁は業界幹部および自由党の有田二郎ら有力者を次々と逮捕,4月 20日自由党幹事長佐藤栄作の逮捕請求を決定した。しかし,翌 21日法務大臣犬養健検察庁法 14条に定める指揮権を発動し,逮捕を抑えたため贈収賄捜査は事実上不可能となり,容疑者多数が釈放された。7月 20日までに周辺関連事件を含めた逮捕者は運輸省の官房長壺井玄剛,飯野海運社長俣野健輔ら 70人以上に達した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぞうせん‐ぎごく〔ザウセン‐〕【造船疑獄】
昭和28~29年(1953~54)に起こった、計画造船による融資割当などに絡む海運・造船業界と与党自由党との贈収賄事件。犬養健法相の指揮権発動により捜査は打ち切られた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうせんぎごく【造船疑獄】
計画造船などをめぐる政官財界の大規模な贈収賄事件。1954年1月,東京地方検察庁は山下汽船会社の家宅捜索を行い,同社幹部2名,同社長,運輸省官房長らを逮捕した。その容疑は,1953年度の計画造船(37隻445億円,うち財政融資266億8000万円)の適格船主選考,同年の外航船舶建造融資利子補給および損失補償法の制定をめぐって,海運業界,造船業界と政官界との間に行われた贈収賄であった。これが発端となって検察の手は政界に伸び,2月衆議院が有田二郎(自由党副幹事長)の収賄による逮捕許諾請求を期限付きで認めたほか,衆参両院で4人の議員が逮捕された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぞうせんぎごく【造船疑獄】
1953年(昭和28)から翌年にかけて起こった、海運・造船会社と政府・与党との間の贈収賄をめぐる疑獄事件。多数の自由党政治家が取り調べを受けたが、犬養健法相の指揮権発動により幹事長佐藤栄作に対する逮捕要求が阻まれ、事件は核心に触れずに終わった。これにより第五次吉田内閣は崩壊した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

造船疑獄
ぞうせんぎごく
政府の計画造船および造船利子補給法改正案成立をめぐる典型的な構造汚職事件。1954年(昭和29)1月表面化した。事件は、海運会社が、計画造船に融資された国家資金の一部を造船会社から得た3億円近くのリベートを裏金として浮き貸ししたことから発覚した。またそのリベートが計画造船の適格船主決定に際し、割り込みの運動資金としても利用され、当時の運輸省・開発銀行関係者へ贈賄したことも明らかになった。さらに計画造船融資の金利引下げを目的とした利権法案である造船利子補給法改正案の成立(1953年7月)のため、政・官界有力者三十数名に工作資金としてこのリベートを用いていた事実も明らかとなって、事件は第二次世界大戦後最大の疑獄へと発展した。東京地方検察庁は、54年の1月以降、山下汽船会社社長横田愛三郎、運輸省官房長壺井玄剛をはじめ、有田二郎(自由党副幹事長)ほか国会議員4名を、4月には日本船主協会・日本造船工業会の幹部、自由党本部会計責任者を、と続々逮捕した。捜査は政界中枢に及び事件の核心に迫る最終段階に入った。4月20日、最高検察庁は、収賄容疑で佐藤栄作(自由党幹事長)の逮捕許諾請求を決定した。しかし、翌21日、犬養健(いぬかいたける)法相は検察庁法第14条によって指揮権を発動したため捜査は挫折(ざせつ)し、7月30日、検事総長は終結を宣言した。指揮権発動によって政治資金の元となる構造汚職の追及が阻止され、以降、疑獄事件摘発も困難となった。捜索を受けた造船会社は11社、海運会社は17社、逮捕者71人のうち起訴された者34人、政・官界に流れた資金は2億7000万円以上であった。[荒 敬]
『田中二郎編『戦後政治裁判史録 第2巻』(1980・第一法規出版) ▽室伏哲郎著『汚職の構造』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞうせん‐ぎごく ザウセン‥【造船疑獄】
昭和二八~二九年(一九五三‐五四)に起こった、造船融資の利子負担軽減にからむ海運・造船業界と政官界との贈収賄事件。自民党政治家が多数取り調べを受けたが、法相犬養健の指揮権発動により幹事長佐藤栄作に対する逮捕要求が阻まれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造船疑獄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造船疑獄の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.