Rakuten infoseek

辞書

造形芸術【ぞうけいげいじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

造形芸術
ぞうけいげいじゅつ
plastic arts
芸術全般を2つに大別し,音楽,文芸,演劇,舞踊などの時間的芸術をミューズ的芸術と呼んで総括するのに対し,絵画彫刻建築工芸などの空間的芸術を総括する概念。その特性としては (1) 物的,(2) 空間的,(3) 視覚的の3つをあげることができる。造形芸術はさらに形象芸術と空間芸術に区分され,前者は絵画,彫刻などの再現芸術をさし,後者は建築,工芸などの抽象的空間を扱うものをさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぞうけい‐げいじゅつ〔ザウケイ‐〕【造形芸術】
実在する物質を媒介として空間的形象を表し、人間の視覚に訴えることを目的とする芸術。絵画彫刻工芸建築の類。空間芸術。造形美術

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうけいげいじゅつ【造形芸術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

造形芸術
ぞうけいげいじゅつ
plastic art
plasticは可塑性を意味するところから、フランス語のart plastiqueは塑造芸術を、ドイツ語のbildende Kunstのbildendeは模造の意であることから具象芸術を意味するが、今日ではともに造形芸術と訳されることが多く、単に造形、芸術、美術と記されることもある。
 造形芸術は本来、詩、小説、戯曲などの言語芸術、舞踊や演劇などの表情芸術、音楽といわれる音響芸術などの時間芸術、つまり「こと」の芸術に対応する、「もの」を媒介とした空間芸術であって、絵画、彫刻、工芸、建築などの総称である。しかし、今日では「もの」でない電気や光などの、映像メディアによる時間的な動きがこれに加わり、その概念を拡張しつつある。[三田村右]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞうけい‐げいじゅつ ザウケイ‥【造形芸術】
〘名〙 芸術上の分類の一つ。実在する物質を素材とし、その形式や作品が空間の広がりによって形成され、人間の視覚に訴える芸術。絵画、版画、彫刻、建築、工芸などがふくまれる。美術。造形。造形美術。空間芸術。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造形芸術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

造形芸術の関連情報

他サービスで検索

「造形芸術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.