Rakuten infoseek

辞書

【つう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


つう
江戸時代中期から始った日本特有の美意識の一つ。江戸時代前期に上方で形成された遊興の意識「 (すい) 」と類似するもので,特に江戸庶民の間で形成された。「通」である人をも「通」というが,また「通人」「大通」などとも称した。本来,人情機微に通じる意であるが,ことに遊里の遊びに用いられ,遊び方の万般に通じていることをいう。外面的には服装が洗練され,流行に敏感であり,書画骨董俳諧茶の湯,古典などのあらゆる教養に通じることを要求された。一般的に「大通」が用いられるようになったのは,「通」を描く洒落本の形成と同時期,明和の末 (1770) 頃からで,安永6 (77) 年頃から大いに流行した。この言葉から,ある事柄をよく知っている人を「何々通」というようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つ【通】[漢字項目]
つう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう【通】
[名・形動]
ある領域の趣味・道楽について精通していること。特に花柳界の内情に詳しいこと。また、その人や、そのさま。「芝居のだ」「相撲
人情に通じ、人柄がさばけていること。特に、男女間の機微に深い思いやりのあること。また、その人や、そのさま。「な計らい」「をきかす」
通力(つうりき)。神通力(じんずうりき)。
「久米の仙人の、物あらふ女の脛(はぎ)の白きを見て、―を失ひけんは」〈徒然・八〉
[接尾]助数詞。手紙・証文・届け書などを数えるのに用いる。「二手紙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう【通】[漢字項目]
[音]ツウ(慣) (呉) [訓]とおる とおす かよう
学習漢字]2年
〈ツウ〉
つかえずにとおり抜ける。とおる。「通過通行通風通路開通貫通交通疎通直通不通便通融通(ゆうずう)
ある場所に行き来する。かよう。「通学通勤
全体に行き渡る。一般に広く行われる。「通常通説通俗通念通有通用共通弘通(ぐずう)普通
ある範囲の全部に及ぶ。「通算通史通読通年
言葉や情報を相手に伝える。知らせる。「通告通信通知通報内通文通
物事を広く知っている。物知り。「通暁通人角通食通精通消息通
男女が情を通わせる。「姦通(かんつう)私通密通
物事を自在に操る働き。「通力(つうりき)神通力(じんずうりき)
〈ツ〉全部に及ぶ。「通夜
[名のり]とお・なお・ひらく・みち・みつ・ゆき
[難読]通草(あけび)木通(あけび)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つう【通】
江戸中期から後期にかけて定着した美的理念をいう語。世態に通達した知識を持ち,物事を処するに滞りがなく,人情を解してさばけた心およびそうした心の持ち主をさしていう。普通はその知的要素に重点がおかれるが,多くは遊里における遊興理念として用いられ,精神的要素に重点がおかれている。文芸の世界では,特に洒落本の中で〈通〉とは何かという〈通〉論議がしばしば行われた。そのため一時は洒落本は〈通〉の教科書であるという理解も生じていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つう【通】
[1] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ある事柄に精通している・こと(さま)。また、そのような人。他の語の下に付いて用いられることも多い。 「歌舞伎の-だ」 「消息-」 「事情-」
人情の機微に通じていること。さばけて思いやりがあること。特に遊里などの事情に詳しいこと。また、そのさま。 ⇔ 野暮やぼ 「 -なはからい」
神通力。 「久米の仙人の物あらふ女の脛の白きを見て、-を失ひけんは/徒然 8
( 接尾 )
助数詞。手紙・書類などを数えるのに用いる。 「戸籍抄本二-」 「年賀状百-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かゆ・う かゆふ【通】
〘自ハ四〙 動詞「かよう(通)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三二四「遠江(とへたほみ)白羽(しるは)の磯と贄(にへ)の浦とあひてしあらば言も加由波(カユハ)む」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かよい かよひ【通】
(動詞「かよう(通)」の連用形の名詞化)
[1] 〘名〙
① ある目的で特定の場所に、行き来すること。
※落窪(10C後)四「かしこへ渡り給はむ、二所かよひせんほどに」
浮世草子・傾城禁短気(1711)一「惣助が通(カヨ)ひの遠ざかる仕様を案じてゐる折から」
② 手紙、言葉などのやりとり。
※平中(965頃)一三「言(こと)のかよひは時時言ひ通はす人の車ぞ来て」
③ 自分の家から職場に毎日行き来すること。通勤。
※談義本・華鳥百談(1748)四「かよひの男を走らせければ」
④ 出入りをする箇所。通路や出入り口。
※類従本重之集(1004頃)「いそぐらん夏のかよひに関すゑて暮れ行く春をとどめてしがな」
⑤ ものが通行すること。また、血や空気などがとまらずに流れ通ること。
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「空気の通(カヨ)ひのわるい建方などは、家相のわるいといふもの」
⑥ 互いに似ること。似かようこと。
※浜松中納言(11C中)四「この姫君の御ありさまの、かよひめでたきを見ても」
⑦ 飲食物を給仕すること。また、それをする人。
※宇治拾遺(1221頃)九「ありつるやどに、かよひしつる郎等なり」
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「夕にお茶湯のかよひをつかふまつり」
⑧ 茶道で、茶事の給仕役。菓子や料理などを勝手から運び出したり、亭主の手助けをする役。お通い。
⑨ 商店の買い物や仕上げ物の代金を、現金ではなく、帳面につけて、月末などにまとめて支払うやり方。また、その帳面。通い帳。
※虎明本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「久久かよひのさん用もいたされひで」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)三「から口なを通(カヨ)ひにて取よせ」
[2] 〘語素〙 名詞に付けて、その特定の場所にいつも行き来する意を表わす。普通「がよい」と濁る。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「其里がよひをしばらく止(や)まるるやうに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かよ・う かよふ【通】
〘自ワ五(ハ四)〙
① 二つの場所や物事の間を何回も行き来する。
(イ) 何らかのつながりができて、ある目的で特定の場所に、いつも行き来する。男が妻や愛人のもとへ行く、通勤、通院、通学するなど種々の場合がある。
※古事記(712)上・歌謡「さよばひに あり立たし よばひに あり加用婆(カヨハ)せ」
※伊勢物語(10C前)一五「なでふことなき人の妻(め)にかよひけるに」
(ロ) 鳥獣、風、雲などが、ある所を自由に行き来する。
※万葉(8C後)八・一五二一「風雲は二つの岸に可欲倍(カヨヘ)ども吾が遠嬬(とほづま)の言そ通はぬ」
※平家(13C前)九「さ様の所は鹿はかよふか」
② 物事が一方から他方へとどく。ことばや手紙、気持などが先方に通じる。また、ある場所へ道が通じている。
※万葉(8C後)一七・三九六九「玉桙の 道の遠けば 間使(まづかひ)も やるよしも無み 思ほしき 言(こと)も可欲波(カヨハ)ず」
※大鏡(12C前)三「御心はかよはせ給ける御けしきなれど」
③ ある個所から出入りする。また、血液、空気などがとまらないで流れ通る。バスなどの交通機関が定期的に行き来する。
※伊勢物語(10C前)五「築地(ついひぢ)のくづれよりかよひけり」
※高野本平家(13C前)九「わづかにかよひつる息もはや絶えはてぬ」
※或る「小倉日記」伝(1952)〈松本清張〉六「二里のところまではバスが通うが、それから奥は山道の徒歩である」
④ 物事をくわしく知りさとる。物事に通じる。
※霊異記(810‐824)上「閉居して経を誦し、心廓(ほがらか)に融(カヨヒ)(いた)る〈興福寺本訓釈 融 加与比〉」
⑤ 互いに似る。似かよう。共通する。
※書紀(720)景行四年二月(北野本訓)「夫婦(みとのまくはひ)の道は、古も今も達(カヨエル)(のり)なり」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「俤、松嶋にかよひて、又異なり」
⑥ 通じて用いる。
(イ) 多くのものに通用する。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「春秋よろづのものにかよへる調べにて、かよはしわたしつつひき給ふ」
(ロ) 語の音と音とが入れ替わって通用する。五十音図中の同行、または同段で音が転換して同意の語として通用する。「恋ひし」と「恋ほし」、「さびしい」と「さみしい」の類。
※袖中抄(1185‐87頃)二「あもとは阿母と書き、阿毛とも書けり。母歟若はいもをあもとよめる歟。五音かよふ故也」
(ハ) 漢字が同音であることによって互いに通用する。
※徒然草(1331頃)二一四「想夫恋といふ楽は、女、男を恋ふる故の名にはあらず。本は相府蓮、文字のかよへるなり」
⑦ 交差する。また、入りまじる。
※土左(935頃)承平五年一月九日「えだごとにつるぞ飛びかよふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かよわ・す かよはす【通】
〘他サ五(四)〙
① ある目的で、特定の場所に行き来させる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「そのむすめ、とつぎ時になり給しかば、御門(みかど)をさして人かよはさでありしに」
② 言葉や手紙、気持などを先方に通じさせる。
※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫の御もとにぞ、御文を書きてかよはさせ給ふ」
③ 多くのものに行き渡るように比較観察する。また、それによって物事をくわしくさとる。通達させる。
※古今(905‐914)仮名序「宇治山の僧きせんは、〈略〉よめるうた、おほくきこえねば、かれこれをかよはして、よくしらず」
④ 広く通じて使わせる。通用させる。
※書紀(720)天智八年一〇月「仍て姓を賜ひて藤原の氏と為。此より以後、通(かよは)して藤原の大臣と曰ふ」
⑤ 語の音と音とを、替えて通用させる。
⑥ 空気、血液、交通機関などが通るようにする。
※小学教授書(1873)〈文部省〉「住居する部屋へ、新しき、空気を、通はします」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう【通】
[1] 〘名〙
① とどこおりがないこと。〔易経‐繋辞上〕
② 神通。通力。神通力。
※百座法談(1110)三月二四日「聖人『我通をかさむ』といへば、悦て、神通をかりて」
③ (形動) ある物事によく精通すること。また、その人やそのさま。「芝居通」「消息通」など、他の語と複合して用いることも多い。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「聞表達裏謂之通
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉二「読本(よみほん)にかけちゃ一かどの通のつもりでございます」
④ (形動) 人情にさとく、花柳社会などの事情に明るいこと。人情にゆきわたってさばけていること。また、やぼでないこと。また、その人やそのさま。
※談義本・艷道通鑑(1715)序「精鑑人情。通又通」
滑稽本・浮世床(1813‐23)初「通(ツウ)だの通り者だのといはれて」
[2] 〘接尾〙 手紙・証文・届書などを数えるのに用いる。
※延喜式(927)二六「但造損益帳一通寮」
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「能筆に手間賃にて書せけるに、一通(ツウ)一文づつにて」
[補注](一)④は中華趣味のはやった宝暦・明和(一七五一‐七二)の頃「通り者」を中国風に「通者」と書き、「ツウシャ」と音読して「者」を略すことによって生じたと考えられている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう‐じ【通】
〘名〙 (動詞「つうずる(通)」の連用形の名詞化)
① 人・物体などが、ある場所を通ること。または、かようこと。とおり。かよい。
② 他人の意思・内心・考えなどを了解すること。わかり。さとり。おつうじ。
大小便を排泄(はいせつ)すること。特に、大便の排泄。おつうじ。便通。
※随筆・耳嚢(1784‐1814)八「与風他へ出しに、通じを催しけるにまかせ用場へむかひしに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう・じる【通】
(動詞「つうずる(通)」の上一段化した語)
[1] 〘自ザ上一〙 =つうずる(通)(一)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「其利屈は万事に通(ツウ)じる」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「つい近年鉄道の通じるまでは」
[2] 〘他ザ上一〙 =つうずる(通)(二)
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一四「此同勢は前後を通(ツウ)じると約十人近くあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう‐・ず【通】
〘自・他サ変〙 ⇒つうずる(通)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう‐・ずる【通】
[1] 〘自サ変〙 つう・ず 〘自サ変〙
① 道路などがある地点まで達する。道筋がつながって、ある地点まで行けるようになる。また、交通機関が通る。とどく。つながる。
※海道記(1223頃)豊河より橋本「駅路東に通ぜり」
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉一二「東京への汽車が略通(ツウ)ずる様になった頃」
② 物事がある道筋にそって動いて行く。電流・大小便などが通る。
※日葡辞書(1603‐04)「ショウベンガ tçûzuru(ツウズル)
③ 意思、感情、ことば、ものの意味などが相手に伝わる。また、それらを理解する。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「上の心に下通(ツウ)ぜずして終滅亡に及びき」
※正法眼蔵(1231‐53)画餠「一法纔(わず)かに通ずれば万法通ず」
※蘭学事始(1921)〈菊池寛〉七「いや、お待ちなされい、文意は通じても、詩義が通じ申さぬ」
④ ものごとを詳しく知る。詳しい知識を持つ。精通する。悟る。
※虎明本狂言・楽阿彌(室町末‐近世初)「両頭を切断してより尺八寸のうち古今につうず」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「西洋の事情に通ずる者が古史伝説を考究し」
⑤ 広くゆきわたる。世間一般に通用する。
⑥ 共通する。意義が同じ、あるいは類似する。
※史記抄(1477)八「今此は即祚てありさうなぞ、祚と阼と通して用るか」
⑦ 互いに信頼する。親しく交わる。味方となる。また、ひそかに敵方などと結ぶ。内通する。
※伝光録(1299‐1302頃)阿難陀尊者「聞持すといへども心もし通ぜずんば、徒にとなりの宝を算ふるがごとし」
※太平記(14C後)一六「東国王化に順ひて、御方に通ずる者少なかりければ」
⑧ 男女が情をかわす。密通する。
※今昔(1120頃か)二「我今、何の故にか釈種として、奴婢の生ぜる王と通ぜむと」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二九「誤て密夫に通じ父母の怒りに遇ふて」
⑨ 運がひらける。出世する。栄達する。
[2] 〘他サ変〙 つう・ず 〘他サ変〙
① 道路などをある地点まで通す。道筋をつける。つなげる。とどかせる。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「曲路一径を通(ツウ)じて、両山屏風を建たるごとく、道幅僅に一丈には過ぎざりけり」
② 使者などを目的地に行かせる。また、物などを相手に差し出したり、手紙を届けたりする。「刺を通ずる」
※太平記(14C後)一九「国々へ潜に使を通して、旧功の輩(ともがら)をあつめられけるに」
※日葡辞書(1603‐04)「インシンヲ tçǔzuru(ツウズル)
③ 伝える。知らせる。告げる。また、物事を理解させる。
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「内証から旦那殿へ通(ツウ)じ」
④ 広く全体に物事を及ぼす。行きわたらす。すべてを包括する。「一年を通じて」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉一「全部通じて七冊とす」
⑤ 互いに信頼して心をかよわせる。「気脈を通ずる」
※今昔(1120頃か)五「其の時に、此の心を通ずる烏、此の御行を見て、驚き騒て」
⑥ 媒介とする。なかだちとする。「ラジオを通じて訴える」
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉二「其後も副院長を通(ツウ)じてよろしくと云ふ言伝が時々あった」
⑦ 物事をある道筋に従って動かす。とおす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とおし とほし【通】
[1] 〘名〙 (動詞「とおす(通)」の連用形の名詞化)
① 途中で人馬、車などの乗りかえ・乗り継ぎ、または、宿泊などをしないで、目的の地へ急行すること。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)道中双六「お銭(あし)三筋買ひたい物買やや。殊にそちは通しぢゃげな」
② 料理屋などで、客の注文した料理のできるまでに出す、簡単な食べ物。おとおし。
③ ある期間ずっとそうであること。始めから終わりまで。
※細君(1889)〈坪内逍遙〉一「その下宿屋といふのは〈略〉お客さまが通し十人位ゐござりまして」
④ 芸娼妓を呼んで、約束の時間が切れたあと、さらに延長して遊興すること。
※洒落本・客衆一華表(1789‐1801頃)丹波屋之套「どうといって、とをしになったものどうなるもんだ」
※縮図(1941)〈徳田秋声〉裏木戸「十人の抱へがあるとすれば、通しは大抵其の三分の一の割だが」
⑥ 途中で継いだり切れたりしていないで一続きであるもの。
※家族会議(1935)〈横光利一〉「檜の匂の籠ってゐる床の間は、下は二間の赤松の通し」
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「朝顔日記だって、通しで見るのは始めてのせゐか」
⑧ 「とおしうら(通裏)」の略。
※歌舞伎・勧善懲悪孝子誉(1877)二幕「本当の銘仙で裏も通しの縹色絹(はないろぎぬ)
[2] 〘副〙 いつも。しじゅう。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「躰は躰で、通し最(も)う厭な気持ですし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どおし どほし【通】
〘語素〙 動詞の連用形に付いて、その動作をずっと続けてする意味を表わす。「しどおし」「食いどおし」「負けどおし」など。
※松翁道話(1814‐46)一「日々新にの吟味がないと通力は失ひ通しぢゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とおり とほり【通】
[1] 〘名〙 (動詞「とおる(通)」の連用形の名詞化)
① 道などに沿って過ぎて行くこと。通行すること。
※謡曲・遊行柳(1516頃)「昔はこの道なくして、あれに見えたるひと叢(むら)の、森のこなたの川岸を、お通りありし街道なり」
② 道などを、人々が行ったり来たりすること。往来。ゆきき。人通り。
※俳諧・続猿蓑(1698)上「鶏があがるとやがて暮の月〈芭蕉〉 通りのなさに見世たつる秋〈支考〉」
※鳥影(1908)〈石川啄木〉二「通行(トホリ)少き青森街道を」
③ 人や車などの通行する道。
※たまきはる(1219)「とほりに立ちて、まねきさわぎしがをかしけれど」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「一生懸命、通街(トホリ)の方へと、迯(にげ)ぬけつつ」
④ 通り雨のこと。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)四つ目「先刻の通りで、釜の底が湿ったのじゃ」
⑤ 一方の口から他方の口まで通じるぐあい。
※和英語林集成(初版)(1867)「コノ キセルワ tōriga(トウリガ)ヨイ」
⑥ 鼻や背などの、まっすぐについている筋。
※玉塵抄(1563)一八「昔の梁鴻が妻(め)の孟光は夫をたっとんで膳を高うあげて眉のとをりえあげて以てはいぜんしてつかわれたぞ」
※洒落本・仕懸文庫(1791)三「とをりとは鼻すじの事、身のしねへとは風俗の事」
⑦ 広く世間に認められて通用すること。
※和英語林集成(初版)(1867)「ハジメノ ナガ tōriga(トウリガ)ヨイ」
⑧ 人の事情や気持などを理解するぐあい。のみこみ。
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)序幕「御亭主も、かみさんも通りがいいと聞いたが」
⑨ 世の評判。また、人々の信用。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「上役にも可愛がられれば、下へも通(トホ)りが好く」
⑩ 理屈がましい文句。→通りを食う
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)序幕「こんたは何か、銭を遣らねえから、悪態交りに通りを云ふのか」
⑪ 貴人が直接ついでくださる酒。
※虎明本狂言・餠酒(室町末‐近世初)「一段とでかいた、ぜんぜんはくだされねどもおとほりをくださるる」
⑫ それと同じ状態であること。そっくりそのままであること。
※蜻蛉(974頃)下「さきのとほりに、北野にものすれば」
[2] 〘接尾〙
① 組になっているものを数えるのに用いる。
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第二部「槍十二筋、三つ道具二た通り」
② 種類や回数を数えるのに用いる。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「嫌ひにも二様(トホリ)あるよ」
③ ⇒どおり(通)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どおり どほり【通】
[1] 〘語素〙
① 街路の名前として、固有名に添えて用いる。
※和漢三才図会(1712)七二本「山城〈略〉京南北堅小路〈略〉醒井通」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「日和下駄で、銀座街頭(ドホリ)を走るやうな」
② それと同じ状態、それに従ってそのままであることを表わす。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「オヤオヤお規則どほり」
[2] 〘接尾〙 割合を表わす語に付いて、だいたいそのくらいという意を添える。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「黒雲が最早高鞍山を七分通り呑むで居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通の関連情報

他サービスで検索

「通」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.