Rakuten infoseek

辞書

通風【つうふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

通風
つうふう
draft; draught
(1) 燃料の燃焼に必要な空気を炉やボイラに送ること。煙突による自然通風送風機などによる人工通風とがある。さらに人工通には送風機を炉の前に据付けて大気圧以上の空気を強制的に押込む方式 (押込通風) ,煙道の終端に通風ファンを設けて煙道ガスを吸出す方式 (吸出通風) ,およびこの両者を併用した方式 (平衡通風) とがある。 (2) 換気装置において空気の吸込み口または吹出し口付近に感じる空気の流れをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つう‐ふう【通風】
[名](スル)風を通すこと。空気の流通をよくして新鮮な空気を通わせること。かぜとおし。「通風のよい部屋」「通風口」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つうふう【通風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つうふう【通風】
( 名 ) スル
空気を通すこと。空気の流通の悪い所に新鮮な空気を通すこと。 「 -をよくする」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

つうふう【通風】
室内の空気を流通させること。窓などの開口部を開放するなどして自然換気を行うこと。◇「風通し」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

通風
つうふう
cross ventilation
窓のような比較的大きな開口を開放して室内風速を大きくし、大量の自然換気を行うこと。夏季に風力を利用して室内に可感気流を生じさせ、人体からの熱放散を盛んにして温感を下げることが通風の目的である。
 温感に与える熱環境の要素は温度、湿度、風速、放射熱で、このうちの一つの要素だけでも変化が生じれば温感は変動する。風速以外の三要素が変化しないときに風速が大きくなれば、人体の熱および表面の水分蒸発が促進され、有効温度は下がり、人体は涼しく感じる。夏季の通風換気における室内風速は50センチメートル毎秒以上が必要とされる。
 通風をよくするには通風経路、窓の開口面積、窓の開き方など十分考慮しなければならない。一般的な引き違い窓の場合、風上側窓前に障害物がなく、通風経路が室全体にわたるように、風上側の窓をできるだけ大きく、主風向に対して垂直に設けるとともに、風下側の窓も十分大きくとることが必要である。通風量は室内風速に比例し、室内風速は外部風速に比例するから、外部風速が大きければ通風量も大きい。外部風速に対する室内風速の比を通風比または通風率といい、これができるだけ一に近く、かつ室内一様になることが望ましい。わが国の夏季のような高温多湿地域では、住宅設計に際して通風計画に考慮を払うことが肝要である。[水畑雅行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐ふう【通風】
〘名〙
① 風を通すこと。空気の流通の悪い所へ新鮮な空気を通わせること。風通し。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六上「之を近世公園学の見地たる建造物の配置〈略〉通風(ツウフウ)の善悪、四季植物の配合など」
※自由学校(1950)〈獅子文六〉触手「この二階は、わりと通風が悪く」
② 全体に共通してみられる風潮。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「喫煙飲酒の戒は、西洋の通風なれども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とおり‐かぜ とほり‥【通風】
〘名〙 さっと吹き過ぎる風。
※俳諧・信徳十百韻(1675)「もののすがたぞきえて失にき 舞灯籠たまりもあへぬ通り風」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

通風(その他の代謝異常)
 【⇨10-17】[武田英二・山本浩範]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

通風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通風の関連情報

他サービスで検索

「通風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.