Rakuten infoseek

辞書

通関【ツウカン】

デジタル大辞泉

つう‐かん〔‐クワン〕【通関】
[名](スル)貨物の輸出入をしようとする者が法定の手続きを経て税関長の許可を受けること。また、その貨物が税関を通過すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つうかん【通関】
( 名 ) スル
関税法に従って、貨物の輸出入について税関の許可を受けること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐かん ‥クヮン【通関】
〘名〙
① 関を開いて交通を便利にすること。〔漢書‐鼂錯伝〕
② 税関手続きを終えて、貨物の輸出または輸入の許可を受けること。広義では、税関の取り締まりの対象となる人・物品・船舶・航空機の税関通過をさす。
※風俗画報‐二三九号(1901)乗船の順序「検査員(あらためやく)は一々点検し〈略〉通関(ツウクヮン)を許す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通関の関連情報

他サービスで検索

「通関」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.