Rakuten infoseek

辞書

通達【ツウタツ】

デジタル大辞泉

つう‐たつ【通達】
[名](スル)《「つうだつ」とも》
告げ知らせること。特に、行政官庁がその所掌事務について、所管の機関や職員に文書通知すること。また、その文書。古くは通牒(つうちょう)。「通達を出す」「厚生労働省通達
ある物事に深く通じること。「ドイツ語に通達する」
すみずみまで通じること。また、とどこおりなく通じること。
「事々物々微細緻密の極にまで―する有様は」〈福沢文明論之概略
通知[用法]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つうたつ【通達】
上級行政機関が下級行政機関に対して命令する一形式で,文書によってなされる場合をさす。かつては示達と呼ばれ,また行政機関の用いる用語としては通牒と呼ばれることもある。国家行政組織法は,大臣等行政機関の長が通達を発しうることを明らかにしているが(14条2項),必ずしもこれらの者にかぎらず,統的行政組織の上級機関であれば通達を発する権限を有する。上級機関が下級機関の活動を指揮監督するために発する命令を訓令というが,訓令は特別な形態をとることを必要とせず訓令が文書で発せられた場合は通達となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つうたつ【通達】
スル
つうだつとも
通知すること。知らせること。 裁判所から-がある
ある分野や物事などに深く通ずること。 二か国語に-する
上級行政庁が下級行政庁に対し、細目的な職務事項や法律の解釈・判断の具体的指針を示し、行政上の処理の統一を期するために文書をもって発する指示通達。 → 訓令
とどこおりなく通じること。くまなくゆきわたること。 微細緻密の極にまで-する有様は/文明論之概略 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐たつ【通達】
〘名〙 (古くは「つうだつ」)
① とどこおりなく通ずること、通じさせること。隅々にまでゆきわたること、ゆきわたらせること。
※寛永版曾我物語(南北朝頃)六「此波止まらん処一つの国と成りて、われ仏法を弘め通達すべき霊地たるべしとて」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「事々物々微細緻密の極にまで通達する有様は斯の如しと雖ども」 〔荘子‐則陽〕
② 物事の理を明らかに悟り知ること。深くその道に達すること。熟達。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「臣頃将疏。思其義理。適未通達
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論後編「天地人の三才に通達(ツウダツ)するを儒といふ」 〔礼記‐学記〕
③ 告げ知らせること。通知。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「泉刕堺の天河屋儀平方へも通達(ツウダツ)し荷物の工面仕らん」 〔周礼‐地官・掌節〕
④ 行政官庁が所轄の諸機関や職員などに対してある指示事項を通知すること。また、その形式。通牒(つうちょう)
※魔都(1937‐38)〈久生十蘭〉二一「八雲町の交番へ通達終りました」
[語誌]「日葡辞書」や「易林本節用集」にツウダツとあり、中世末期においては連濁してダと読まれていたことがわかる。これは明治中期まで続き、「改正増補和英語林集成」(一八八六)や「言海」(一八九一)でも濁音である。しかし明治時代に多く生じた連濁の消滅現象によって清音に替わり、「ことばの泉」(一八九八)ではツウタツとある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

通達
つうたつ
訓令」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

通達
つうたつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通達の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.