Rakuten infoseek

辞書

通行【ツウコウ】

デジタル大辞泉

つう‐こう〔‐カウ〕【通行】
[名](スル)
ある所を通って行くこと。また、ある方向へ向かって行くこと。「車が道の左側を通行する」「通行止め」「通行人」
広く世間一般に行われること。「現代通行している暦」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つうこう【通行】
( 名 ) スル
人や車が道を通ること。往来すること。 「左側-」 「堀割の功成て大船の-するに至れば/西洋道中膝栗毛 魯文
広く一般に行われていること。 「世間に-している説」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐こう ‥カウ【通行】
〘名〙
① ある所を通って行くこと。通り過ぎること。往来すること。
※富家語(1151‐61)「京極殿土御門面は不令通行」
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉忘れぬ慈愛「其辺をば毎日汽車が通行(ツウカウ)し」 〔漢書‐高帝紀・上〕
② ある所へ向かって行くこと。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「ハハア夫じゃア何所へか御通行のお戻りだね」
③ 広く一般に行なわれること。世間に通じ行なわれること。
※随筆・秉燭譚(1729)四「しかれば玉来と云ものは、霊芝の一名なり。〈略〉今世通行の書にはあらはれず」 〔漢書‐王吉伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通行の関連情報

他サービスで検索

「通行」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.