Rakuten infoseek

辞書

通称【ツウショウ】

デジタル大辞泉

つう‐しょう【通称】
正式ではないが世間一般で呼ばれている名称。とおり名。鎌倉東慶寺縁切り寺徳川光圀水戸黄門歌舞伎与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」を「切られ与三(よさ)」とよぶ類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つうしょう【通称】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つうしょう【通称】
( 名 ) スル
(正式な名でなくて)世間一般に通用している名前。また、一般に言いならわすこと。また、その名。 「 -苔こけ寺」 「源為朝、-鎮西八郎」
結婚により改姓した女性が、職業上の理由などで旧姓を使用すること。また、その名。戸籍名に対していう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐しょう【通称】
〘名〙
① 人名などで、実名とは別に日常となえている名前。
※先哲叢談後編(1830)一「名素有、字時中、通称大学後称三郎左衛門土佐人」
※新聞雑誌‐四五号・明治五年(1872)五月「従来通称名乗両様相用ひ来り候輩」
② 一般に通用している名称。一般に流布している呼び名。とおり名。〔文明本節用集(室町中)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一「只(ただ)傾城の通称(ツウセウ)として、女郎といはんに」 〔白虎通‐号〕
③ 広く一般に通行している言説。〔嵆康‐養生論〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通称」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通称の関連情報

他サービスで検索

「通称」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.