Rakuten infoseek

辞書

通暁【ツウギョウ】

デジタル大辞泉

つう‐ぎょう〔‐ゲウ〕【通暁】
[名](スル)
夜を通じて明け方に至ること。夜どおし。徹夜。「通暁の勤行(ごんぎょう)」
ある物事についてたいへん詳しく知っていること。精通。「英文学に通暁している」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

通暁 つうぎょう
?-? 南北朝時代の画家。
高階隆盛(たかしな-たかもり),藤原隆章(たかあき),藤原隆昌(たかまさ)と4人で「諏訪大明神絵詞(えことば)」の絵をかく。詞書(ことばがき)の筆者には諸説あり,跋(ばつ)文は足利尊氏(たかうじ)。延文元=正平(しょうへい)11年(1356)の制作という。信濃(しなの)(長野県)出身。名は邦貞。通称は和泉守。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

つうぎょう【通暁】
( 名 ) スル
夜を通して朝に至ること。夜通し。
すみずみまで知ること。 「その分野に-している」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐ぎょう ‥ゲウ【通暁】
〘名〙
① 夜を通してに至ること。夜どおし。徹夜。〔呉志‐縢胤伝〕
② くわしく知りさとること。深く知りぬいていること。あることに非常にくわしい知識を持っていること。
※文明本節用集(室町中)「辱書語高而旨深三四読尚不通暁(ツウケウ)〔答陳商書〕」
※随筆・折たく柴の記(1716頃)上「されば、経史・諸子の書等、大かたは残所なくぞ通暁せさせ給ひたりける」 〔易経‐繋辞上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通暁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通暁の関連情報

他サービスで検索

「通暁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.