Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

通俗小説【ツウゾクショウセツ】

デジタル大辞泉

つうぞく‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【通俗小説】
芸術的価値重点を置かず、一般大衆好みに応じて書かれた娯楽性の高い小説。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つうぞくしょうせつ【通俗小説】
文芸用語。筋のおもしろさを中心にした小説で,芸術性よりも娯楽性や大衆性に力点の置かれているものをいう。内容的にはその時代の好みや流行を追い,社会風俗を描いたものが多い。したがって狭義には現代風俗小説をさす。文学史的には,日本では明治30年代に流行した家庭小説に始まり,大正中期に至り,新聞の発行部数が100万部をこえ,大衆雑誌婦人雑誌が続発した状況を背景に,久米正雄菊池寛などの有力な作家が進出して多数の読者を確保して以来,通俗小説の隆盛を迎える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

通俗小説
つうぞくしょうせつ

娯楽性が強く、大衆に広く迎え入れられている読み物をいう。いわゆる純文学に対立する概念が伴う。幕末以前に取材した俗受けする髷物(まげもの)小説が大衆小説とよばれるのに対して、通俗小説は現代の家庭生活に取材し、読者に媚(こ)びる要素をつねにもつところに特色がある。歴史的にみると明治の家庭小説にその源流が求められる。尾崎紅葉(こうよう)の『金色夜叉(こんじきやしゃ)』(1897~1902)、徳冨蘆花(とくとみろか)の『不如帰(ほととぎす)』(1908~09)などがそうであり、大正中期の久米(くめ)正雄の『蛍草(ほたるぐさ)』(1918)や菊池寛の『真珠夫人』(1920)などを経て、昭和期の小島政二郎(まさじろう)、吉屋信子(のぶこ)、石坂洋次郎らの作品につながる。第二次世界大戦後になると、通俗の概念は題材的にエロティシズムやサラリーマン物や推理物をも含め、多様化していくこととなる。

[関口安義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つうぞく‐しょうせつ ‥セウセツ【通俗小説】
〘名〙 芸術的価値に重きを置かないで、一般大衆の娯楽・慰安を目的とした小説。大正期以降、主として純文学に対して用いられた。
※桐畑(1920)〈里見弴〉好敵手「通俗小説(ツウゾクセウセツ)で泣かされてゐる女学生や」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通俗小説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通俗小説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.