Rakuten infoseek

辞書

通例【ツウレイ】

デジタル大辞泉

つう‐れい【通例】
その社会での一般のならわし。通常のやり方。「世間の通例に従う」
(副詞的に用いて)一般に。通常。「通例月曜日を休館にする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つうれい【通例】
( 名 )
一般の習慣。世間のならわし。通常の例。 「挨拶に行くのが-だ」 「旧暦で祝うのを-とする」
( 副 )
普通そうすることになっているさま。一般に。 「 -一〇時に開場する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐れい【通例】
〘名〙
① 世間一般のしきたり。世上のならわし。通常の例。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※私聚百因縁集(1257)三「法に劫を累(つ)み道に志を抽(ぬき)んづる事は因果の道理求法の通例(ツウレイ)也」
② ごくふつうであること。一般的であること。なみ。副詞的にも用いる。
※史記抄(1477)一二「庸人とは通例の人かと思たれば、天下の名人ぢゃけるよと云ぞ」
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「通例三十銭乃至三十五銭なるは最も多く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通例」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通例の関連情報

他サービスで検索

「通例」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.