Rakuten infoseek

辞書

通人【ツウジン】

デジタル大辞泉

つう‐じん【通人】
ある事柄、特に趣味的なことに精通している人。「角界の通人
人情の機微、特に男女間のことに深い思いやりのある人。
花柳界の事情に通じている人。粋人(すいじん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

つうじん【通人】
ある物事に精通している人。物知り。
世態・人情に通じている人。
花柳界の事情に通じている人。通。粋人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つう‐じん【通人】
〘名〙
① 多くの物事を知っている人。広い知識をもっている人。ものしり。
※私聚百因縁集(1257)七「所を以て 上代の通人咸く此の教に依って形を観し、号を念し仏身を見んと求む」 〔史記‐田敬仲完世家賛〕
② 普通の人。一般の人。
※十善法語(1775)八「男子にもあれ、女人にもあれ、通人よりまさるは、まづ不祥の器ぞ」
③ 世情に通じた人。特に花柳界の事情をよく知った遊び上手な人。いきな人。粋人。通客。通子。つうにん。
※洒落本・傾城買二筋道(1798)冬の床「万事いきにして如才なき通(ツウ)人なり」
※滑稽本・客者評判記(1811)中「宝暦の頃までは通り者と呼来たりしが、明和以来通人(ツウジン)と称し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

通人の関連情報

他サービスで検索

「通人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.