Rakuten infoseek

辞書

途端【トタン】

デジタル大辞泉

と‐たん【途端】
あることが行われた、その瞬間。そのすぐあと。多く副詞的に用い、「に」を伴うこともある。「よそ見をした途端転んだ」「飲むと途端に人が変わる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とたん【途端】
(「に」を伴って副詞的にも用いる)ちょうどその時。はずみ。ひょうし。 立ち上がった-に倒れた 顔を見た-(に)笑い出した

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

と‐たん【途端】
〘名〙
① (「に」を伴うこともあり、多く副詞的に用いる) ほんの短い時間の経過を表わす。ちょうどその瞬間。はずみ。ひょうし。おり。また、ある事柄があって、直ちに続いて別の事柄が起こるさま。
※浄瑠璃・箱根山合戦(1660)初「ぎゃうじおさへて、ただ今のは、とたんのわれにて、せうぶしれずと申ける」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「はしごをあわててかけおりるとたんへ伊賀はんが来なんしたから不図おもひだして」
② 歌舞伎のト書き用語。舞台の上で、二つ以上のことが同時に行なわれることを示す。「各々途端よろしく」
※歌舞伎・けいせい花絵合(1773)口明「右とたんの立廻りよろしく有べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

途端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

途端の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.