Rakuten infoseek

辞書

透かす【すかす】

盆栽用語集

透かす
葉・芽・枝・根などの量を減らすこと。力の調節をはかる、通風・日照条件を良くするという目的があるほか、美観上のバランスを整える効果もある。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すか・す【透かす】
[動サ五(四)]
物と物との間隔を少しあける。すきまをつくる。「板を―・して作った縁台」
こんでいるものを間引いてまばらにする。間隔を粗くする。「剪定(せんてい)して枝を―・す」
あけておく。時間をあける。「手を―・す」
タイミングをはずして、肩すかしをくわせる。「でばなを―・される」
間から通るようにする。物を通して見えるようにする。「ガラスを―・して見る」
透けて見えるようにする。「模様を―・した紙」
音を立てないで屁(へ)をする。「こっそり―・す」
減らす。
「京中の勢(せい)をばさのみ―・すまじかりしものを」〈太平記・九〉
場をはずす。
「足もとの明かい時、はやう―・さう」〈虎明狂・痩松
10 油断する。
「万事に一つも―・さぬ人の言へり」〈浮・織留・五〉
[可能]すかせる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すかす【透かす】
( 動五[四] )
すき間をこしらえる。 「欄間の一部を-・して作る」 「些と-・さないか、籠るやうだ/婦系図 鏡花
たてこんでいるものの一部を取り去り、まばらにする。 「植木の枝を-・す」
光を通して中の物や向う側を見る。 「明りに-・して見る」
すき間を通して物が見えるようにする。 「那様どんな人間だらうと格子から…-・して見る/婦系図 鏡花
油断をする。 「万事にひとつも-・さぬ人/浮世草子・織留 5
音の出ないように屁をする。 「 - ・しても音のするのは河童の屁/柳多留 61」 〔「すく」に対する他動詞〕
[可能] すかせる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透かす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

透かすの関連情報

他サービスで検索

「透かす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.