Rakuten infoseek

辞書

逆風【ギャクフウ】

デジタル大辞泉

ぎゃく‐ふう【逆風】
進行方向から吹いてくる風。向かい風。「逆風をついて出港する」⇔順風
不利な状況。進行を妨げる出来事。「年金問題が参院選で与党の逆風となる」⇔追い風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎゃくふう【逆風】
進行方向から吹いてくる風。向かい風。 ⇔ 順風

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎゃく‐ふう【逆風】
〘名〙
① 自分が進行しようとする方向と方向に吹く風。特に、船の進む方向と反対に吹く風。向かい風。⇔順風(じゅんぷう)
※万葉(8C後)一五・三六四三・左注「佐婆海中、忽遭逆風漲浪漂流」
※今昔(1120頃か)五「其に浮て渡り行く程に、忽に逆風出来て他国へ吹き持(もて)行く」 〔劉霽‐江南可採蓮〕
② 剣法の秘術の一つ。正眼にかまえる敵へ袈裟掛(けさがけ)に斬り込み、左へ太刀を回して払い、返す刀で腕をからめて斬るわざ。〔柳生流新秘抄(1716)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逆風の関連情報

他サービスで検索

「逆風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.