Rakuten infoseek

辞書

逆落【さかおとし】

精選版 日本国語大辞典

さか‐おとし【逆落】
〘名〙
① けわしい崖、急坂などを落ちくだること。高い位置から急降下すること。
浄瑠璃・念仏往生記(1687頃)一「義経ひよ鳥ごへ鉄枴峯(てっかいがみね)より、平家の城の真中へさかおとしに落し入」
急流をいう。
③ 逆にひどい目にあわせること。
浮世草子・傾城禁短気(1711)一「此女郎に坂(サカ)おとしにせられて」
④ 向きをさかさまにして落とすこと。
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉五「白い泡が一町ばかり、逆(サ)か落(オト)しに噛み合って」
⑤ 状態が好ましくない方へ向かって急激に変化すること。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉プリンストン雑記「気候が逆落(サカオト)しに寒くなって」
⑥ 柔道などで相手をさかさまに投げおとすこと。また、その技。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さかさ‐おち【逆落】
〘名〙 落語のさげの一つ。落ちを先に言ってから話を始めるもの。また、物事が逆の結果に終わるところに、滑稽味をだすもの。「妻の釣」「王子の狐」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆落」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逆落の関連情報

他サービスで検索

「逆落」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.