Rakuten infoseek

辞書

逃避【とうひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

逃避
とうひ
escape
不快や不安を感じるような状況かられようとする反応。特に精神分析学では,自我超自我が脅かされ,不安にさらされることを防衛する諸機制のうち,消極的,逃的なものを総称していう (→防衛機制 ) 。白日夢に代表されるような空想への逃避,適応困難な状況から逃れてほかのことに熱中する現実からのあるいは現実への逃避,疾患からのあるいは疾患への逃避などが区別され,適応の異常とみなされる反応が少くない。また権力など外の力に服従し,自己の自由からの逃走を望み,集団へ無批判に同調する集団への逃避がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐ひ〔タウ‐〕【逃避】
[名](スル)困難などに直面したとき逃げたり、意識しないようにしたりして、それを避けること。「現実から逃避する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とうひ【逃避】
スル
困難をさけのがれること。当面する問題などに積極的に取り組まず、さけたり意識から排除すること。 現実から-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

逃避
とうひ
escape
外部の環境からなんらかの危険にさらされたとき、その危険を避けるのにもっとも原始的で容易な、自己防衛の手段が逃避である。たとえば、人間関係につまずき自我が損傷を受けると、人里を離れようとしたり、アルコールに頼ろうとしたりするのが逃避である。危険が差し迫ってきたとき、これを避けることは回避とよばれる。逃避や回避によって一時的に危険を避けることはできるが、それで危険がなくなってしまうものではないから、逃避は防衛手段としては完全なものではない。この意味から、可能な限り遠くに逃げるのでなく、危険を察知し、その場に応じて危険を避けられる程度のところまで逃げるのが得策となる。
 外部の環境からくる危険に対してはさまざまな逃避の手段があるが、内面的な心理的葛藤(かっとう)や不安からの危険に対しては適切な逃げ場所がないため、しばしば逃避場所として病気が選ばれ「病気への逃避」がおこる。登校まぎわになって発熱したり、腹痛をおこしたりする子供は病気に逃避している。病気になることで不安・葛藤を避けようとしているのである。ドイツの精神分析学者ミッチャーリヒAlexander Mitscherlich(1908―1982)によれば、医療を求める患者の半数近くが精神的破綻(はたん)に基づく心身症と関係があるという。安全な逃避場所は、病気とは限らない。フロムによれば、現代人は「~からの自由」は獲得したが「~への自由」を創造することができず、自由であるためにかえって葛藤・不安がおこり、権威主義に逃避するという。これが全体主義を生み出す心理的メカニズムである。精神分析を受けている患者は、自分の病気を隠すため健康への逃避がおこり、症状がなくなることがある。これは精神分析によって、自分の無意識が明らかになることが恐ろしいからである。[外林大作・川幡政道]
『エーリッヒ・フロム著、日高六郎訳『自由からの逃走』(1951・創元社) ▽A・ミッチャーリヒ著、中野良平・白滝貞昭訳『葛藤としての病 精神身体医学的考察』(1973・法政大学出版局・りぶらりあ選書) ▽飯田紀彦著『逃避の病理 現代青年の苦悩』(1998・関西大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐ひ タウ‥【逃避】
〘名〙 にげかくれること。のがれさけること。とりくまなければならないことや、積極的に行なわなければならない活動・運動などからにげること。
※日本外史(1827)四「臣無罪被討、不敢逃避
※自由学校(1950)〈獅子文六〉五笑会の連中「この会の空気に浸って、烈(はげ)しい世相から逃避したいらしい」 〔詩経疏‐周南・汝墳〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逃避」の用語解説はコトバンクが提供しています。

逃避の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.