Rakuten infoseek

辞書

送状【おくりじょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

送状
おくりじょう
物品、金銭などを送り届ける際に、確実に送達するため、それに添えて、または別に、品目、数量など必要事項を明記して、送付者から受取人に知らせる文書。送文(おくりぶみ)、送進状、送進文などともよび、単に送りということもある。とくに中世の荘園(しょうえん)年貢の輸送、近世の御城米廻漕(ごじょうまいかいそう)などにその実例が多く残されている。また近世では、罪人を送るときにつける「科人(とがにん)送状」などの例もみられる。[久留島典子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おくり‐じょう ‥ジャウ【送状】
〘名〙
① 物資を送付する時、その物資の品目、分量などの明細を送り先に知らせるために作成される文書。送文。インボイス。
※親元日記‐寛正六年(1465)一月二五日「年始諸社御神馬御送状数通整之」
② 特に、運賃積船による貨物輸送の場合、積荷の明細を書いて送り主が荷受け主にあてて送る書状。おくり。
③ 罪人など人物を引き渡すときに付けてやる文書。〔江戸政要(1666頃か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

送状」の用語解説はコトバンクが提供しています。

送状の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.