Rakuten infoseek

辞書

退職金【たいしょくきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

退職金
たいしょくきん
retirement allowance
雇用関係が終了して従業員が企業を離れるときに支給される手当。一時金として支給されることが多いが,年賦払いの企業年金として支払っている企業もある。封建時代暖簾 (のれん) 分けにさかのぼるといわれている。退職金の性格については,在職中の功労に報いるためという功労報償説,退職後の生活を保障するためという生活保障説,在職中の低賃金の後払いであるという賃金後払い説などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいしょく‐きん【退職金】
退職する際に、雇い主などから退職者に支給される金銭。多くは一時金であるが、年金形式のときもある。退職手当

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集

退職金
退職金とは、勤務先の会社を退職する際に支給される手当の1つ。
退職金制度の有無は会社によって異なりますので、応募前に確認してみましょう。

また退職金の受給条件も、会社によって異なります。
例えば勤続年数や、目標に対する成果に応じて一定の金額を加算するなど、
会社ごとに退職金制度の運用状況も変化してきています。

出典:転職.jp

世界大百科事典 第2版

たいしょくきん【退職金】
雇用労働制が生まれる前から,日本では,隠居する武士に退隠金永年勤続ののちに独立する商家使用人に〈のれん分け〉というように,長期間の在職に対する有形無形の給付を行う慣行があった。明治以降は熟練労働者の長期確保のために,在職年数に応じて在職年数が2倍だと退職金は4~5倍になるような退職金が払われるようになり,昭和初期の不況・減員期には失業保険制度がなかったこともあって,解雇を円滑に行うための解雇手当(会社都合退職金)を制度化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいしょくきん【退職金】
退職に際して、勤め先から退職者に支払われる金銭。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

退職金
たいしょくきん
retirement allowance
労働者の退職に際して企業が支払う金銭給付の総称。退職手当、解雇手当、退職慰労金、退職功労報奨金など、企業により、また退職事由によってさまざまな名称がある。退職金は支給方法によって、退職一時金(一時金で支払う方法)と退職年金(年金で支払う方法で、企業年金ともいう)とに大別される。このうち前者のみをさして退職金ということもある。[横山寿一]

沿革

退職時に金銭給付を行う慣行は長い歴史をもっており、徒弟制度の「のれん分け」にその起源を求めることができるが、企業の福利厚生制度として退職金が登場するのは明治維新以後のことである。もっとも、明治期における退職時の金銭給付は、劣悪な労働条件で労働者を企業に縛り付けておくための企業による恩情的な施しでしかなかった。大正期から昭和初期にかけて日本資本主義を襲った相次ぐ恐慌とそのもとでの大量解雇は、労働争議を頻発させるとともに、労働組合の退職後における生活保障要求を顕在化させた。これを契機に、大企業を中心として退職金制度の採用が広がっていった。それは、労働組合への弾圧政策を部分的に補完する役割を担わされていたことから、依然として功労報奨的な性格を色濃くもってはいたが、同時に、そこには、単なる足止め策から、失業に際しての生活保障の機能をもあわせもつ制度への展開が示されていた。1936年(昭和11)には「退職積立金及退職手当法」が制定され、企業の自主的な慣行であったものが義務化されるとともに、労使の積立金制度の形をとることとなった(同法は1944年に旧厚生年金保険法に吸収された)。
 第二次世界大戦後、大規模な大衆的運動として再建された労働組合は、退職金を労働条件の一つとして制度化する闘いを繰り広げた。こうした労働組合の要求と運動を背景に、退職金制度は1948年(昭和23)~49年ごろに急速に普及が進み、その過程で、労働条件の一部として定着をみるに至った。59年には中小企業退職金共済法(昭和34年法律160号)が制定され、退職金運営が困難であった中小企業にも普及が進んでいった。[横山寿一]

退職金の性格

こうした戦前・戦後の経緯を反映して、退職金の性格については、さまざまな規定がみられる。おもなものとしては、
(1)在職中の功績に対する報奨とみる功労報奨説
(2)賃金の未払い分の退職時における支払いとみる賃金後払い説
(3)退職後の生活を保障するための給付とみる生活保障説
などがある。現在の退職金は、これらの要素をあわせもつ妥協的な性格のものとして機能している。[横山寿一]

退職一時金

退職一時金は、一般に、算定基礎額に支給率を掛け合わせて算定される。算定基礎額は、退職時の賃金を用いる場合と、特別に設定をした額を用いる場合の二つがある。前者はさらに、基本給部分をそのまま基礎額とするものと、基本給部分からなんらかの方法で控除したり減額するものとに分かれる。また後者には、あらかじめ金額を決めておく定額方式、職能等級、勤続年数などを一定の点数に置き換えて算定するポイント方式、賃金表とは別に算定基礎額テーブルをもつ別テーブル方式などがある。支給率は、一般的には勤続年数別に定められるが、かならずしも比例的に増加されるわけではなく、たとえば、勤続年数をいくつかの段階にくぎり段階ごとに支給率を定めるとか、一定勤続年数から支給率を増加あるいは逓減(ていげん)させるなどの方式が用いられることが多い。また、同一勤続年数であっても、退職事由(定年、会社都合、業務上傷病死、自己都合など)によって支給率が異なるのが通例である。
 近年、高齢化への対応として定年延長が進んでいるが、各企業は、それに伴う退職一時金負担の増大を回避しようとさまざまな抑制策をとってきている。賃上げ分の算定基礎額への繰り入れ抑制、一定勤続年数以上での支給率増加の停止・減少、早期に退職する労働者に退職一時金を割り増す早期退職優遇制度の導入などはその現れである。
 退職金の支給額は、勤続年数、学歴、退職事由などによって異なるが、勤続年数20年以上かつ45歳以上の男性定年退職者の退職金の平均額(1997)は、大学卒(管理・事務・技術職)2871万円、高校卒(管理・事務・技術職)1969万円、高校卒(現業職)1351万円、中学卒(現業職)1192万円である。ただし企業規模による格差は大きく、大学卒の場合、30~99人の企業では1222万円で、1000人以上の企業(3219万円)の38%にとどまる。[横山寿一]

退職年金

退職金のいま一つの形態である退職年金は、既述した企業の退職金負担軽減への動きと労働組合の老後生活保障への要求の高まりと相まって、1970年代以降普及が進んでおり、退職年金のみが20.3%、退職一時金との併用が32.3%と、両者をあわせると5割を超える(1997)。退職年金には、企業が独自に設計する自社年金、税法上の優遇措置を受ける適格年金、厚生年金との調整による調整年金の3種類がある。このうち適格年金がもっとも普及しており、実施企業は74.9%(1997)に上っている。しかしバブル崩壊以降、低金利のもとで原資の運用が予測と大きくずれ、積立金不足に陥るケースが生じていること、終身雇用見直しの動きが強まるなかで企業間の移動があっても受益権が通算して付与される退職年金のポータビリティの確保が重要な課題となってきたことなどを背景に、企業側から将来の年金給付額をあらかじめ決めておく従来の「確定給付型」年金に代えて、拠出金だけを決めておきその積立金および運用収益によって将来の年金給付額を決める「確定拠出型」の退職年金制度の導入を求める声が高まってきている。[横山寿一]
『労務行政研究所編・刊『退職金・年金事情』各年版 ▽労働省大臣官房政策調査部編『賃金労働時間制度等総合調査報告』各年版(労務行政研究所) ▽日経連『今後の企業年金のあり方についての提言』(1998) ▽労働省労働基準局編『新時代の賃金・退職金制度――賃金・退職金制度研究会報告書』(1998・労務行政研究所) ▽浅野幸弘・金子能宏編著『企業年金ビッグバン』(1998・東洋経済新報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいしょく‐きん【退職金】
〘名〙 官公庁や会社などの私企業などに勤める人が退職する際に、その勤め先から一時金として支給される金銭。退職手当。退職慰労金。
※蝮のすゑ(1947)〈武田泰淳〉二「退職金は問題にならない。物価は毎日倍になる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

退職金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

退職金の関連情報

他サービスで検索

「退職金」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.