Rakuten infoseek

辞書

退屈読本【たいくつどくほん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

退屈読本
たいくつどくほん
佐藤春夫の随筆評論集。1926年(大正15)11月、新潮社刊。なにげない短文のなかで自己を語るもの、おりに触れての文学や美術への発言、『秋風一夕話(いっせきわ)』『「風流」論』のような本格的評論、『吾(わ)が回想する大杉栄』のような卓抜な人物論など、著者の幅広い感性をみごとに示す。1915年以降の108編の文章を収録。大正という多彩な文学的時代を反映した自由な構成と内容、その巧みな話術のなかに、「退屈」とは逆の無類の感興がうかがえる、大正を代表する評論集である。[中島国彦]
『『退屈読本』上下(冨山房百科文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

退屈読本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

退屈読本の関連情報

関連キーワード

五所平之助島津保次郎清水宏溝口健二斎藤寅次郎衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎バルトーク

他サービスで検索

「退屈読本」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.