Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

追込み網【おいこみあみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

追込み網
おいこみあみ

網漁具のうち、巻網類の一種で、魚群を威嚇して水中に施設した網(袋網)の中に追い込み、漁獲する漁具。沿岸の岩礁地帯で、引網や敷網のできない所で行われ、沖縄の糸満(いとまん)地方の漁業が有名である。漁具は袖網(そであみ)と袋網からなり、沖縄の場合は漁船8艘(そう)を使用し、1艘の船に4、5人が乗り込み、水深10~40メートルの沿岸で操業される。魚群を威嚇する方法は、竹竿(たけざお)などで水面や船底をたたく、石を投げ込む、竹筒や鉄管を水中に入れて上端を槌(つち)でたたく、縄に羽毛、木片、アルミ箔(はく)、金属環などをつけたもので水中を引き回すなどのほか、漁夫が水中を泳いで魚群を追い込むことも行われる。漁獲の対象魚は、アジ類、イワシ類、トビウオ、ボラ、イナダ(ブリの幼魚)、メバル、クロダイ、ムツなどである。

[吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

追込み網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

追込み網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.