Rakuten infoseek

辞書

迷鳥【めいちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

迷鳥
めいちょう
straggler; strayer
本来の分布域以外の地域に迷い出た台風などの事故や他のに混って本来の渡りの経路からはずれたりする場合が多く,日本では,おもにユーラシア大陸産の種や,北アメリカ産の種など 70~80種が迷鳥として記録されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めい‐ちょう〔‐テウ〕【迷鳥】
本来はその地域に生息渡来もしない鳥で、渡りのコースから外れたり、台風で飛ばされたりして迷い込んで現れるもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めいちょう【迷鳥】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めいちょう【迷鳥】
台風に巻き込まれたり、近縁の鳥の群れにまぎれ込んだりして正常な渡りの経路をはずれ、本来の生息地や渡来地でない地方に飛来した鳥。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

迷鳥
めいちょう
straggleraccidental
ある一つの地域でみられる鳥のなかで、数年から十数年に一羽という程度以下の頻度で現れるものをいう。それは、その種の通常の分布域や渡りの移動経路から離れた地域でみられる場合である。[浦本昌紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めい‐ちょう ‥テウ【迷鳥】
〘名〙
① まよった鳥。
※玉山先生詩集(1754)四・登阿蘇山絶頂吹笛「迷鳥応棲千丈樹、真僧曾制九頭龍」 〔枚乗‐七発〕
② ある地域で、不定期にまれにしか見られない鳥。渡りの途中でまよったり、台風によって吹き流されたりして来たもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迷鳥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迷鳥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.