Rakuten infoseek

辞書

【ジュツ】

デジタル大辞泉

じゅつ【述】
述べること。また、述べたもの。「フェノロサ
漢文の文体の一。人の言行を記述したもの。
述語」の略。「主の関係」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅつ【述】[漢字項目]
[音]ジュツ(慣) [訓]のべる
学習漢字]5年
のべる。のべたもの。「述懐述語述作記述口述叙述詳述前述著述陳述論述
前人の事績を受け継ぎ伝える。「紹述祖述
[名のり]あきら・とも・のぶ・のぶる・のり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅつ【述】
述べること。また、述べ説かれたことを書きとったもの。 「鈴木博士-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅつ【述】
〘名〙
① 述べること。述べ説くこと。また、それを著わした書。
※史記抄(1477)一八「神農以後は述でこそあれ作ではないぞ」
② 漢文の文体の一つ。人の言行を記述したもの。〔文体明弁‐述〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅっ‐・す【述】
〘他サ変〙 述べる。陳述する。
※史記抄(1477)三「司馬談が史記を作らんする志があったを、司馬遷が述して作るぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のば・う のばふ【述】
〘他ハ下二〙 のべる。語る。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「くれ竹の よよのふるごと なかりせば いかほの沼の いかにして 思ふ心を のばへまし〈壬生忠岑〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

述の関連情報

他サービスで検索

「述」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.