Rakuten infoseek

辞書

近江【おうみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

近江
おうみ
滋賀県北東部,米原市南西部の旧町域。琵琶湖の東岸にある。 1955年息長村,坂田村が合体し町制。 2005年米原市に編入。天野川下流域を占め,米作が行なわれ,かつては真綿を特産。古代,神功皇后を出した息長氏の根拠地といわれ,古墳が多い。福田寺の庭園は国の名勝。日撫神社 (ひなでじんじゃ) の梵鐘は貴重な文化財。また,天野川一帯は息長ゲンジボタル発生地として国の天然記念物に指定。湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうみ〔あふみ〕【近江/淡海】
《「あわうみ(淡海)」の音変化。淡水湖琵琶湖があるところから》旧国名の一。現在の滋賀県にあたる。江州(ごうしゅう)。「近江」の文字は浜名湖のある遠江(遠つ淡海)に対して近江(近つ淡海)と称したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

近江
おうみ
滋賀県北東部、坂田郡にあった旧町名(近江町(ちょう))。現在は米原(まいばら)市の南西部を占める地域。琵琶(びわ)湖北東岸に位置する。旧近江町は、1955年(昭和30)坂田村と息長(おきなが)村が合併して成立。2005年(平成17)米原市に編入した。JR北陸本線(琵琶湖線)、国道8号、21号が通じる。交通の要衝として開発は古く、近世から近江真綿を特産し、現在も繊維工業を行う。農業は米作や水田転換農業が盛ん。特産品に干し柿がある。息長のゲンジボタル発生地は国の天然記念物、福田寺庭園は国の名勝に指定されている。[高橋誠一]
『『近江町史』(1989・近江町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.