Rakuten infoseek

辞書

近代能楽集【きんだいのうがくしゅう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

近代能楽集
きんだいのうがくしゅう
能楽に取材した三島由紀夫の一幕戯曲の総称。1950年(昭和25)に発表し同年文学座アトリエで初演された『邯鄲(かんたん)』を皮切りに、『綾(あや)の鼓(つづみ)』(1951)、『卒塔婆小町(そとばこまち)』(1952)の3作が発表され、ついで54年から60年にかけて『葵上(あおいのうえ)』『班女(はんじょ)』『道成寺(どうじょうじ)』『熊野(ゆや)』『弱法師(よろぼし)』の順で計8作品が発表された(1962年発表の『源氏供養』は作者自身このシリーズに加えていない)。いずれも同名の謡曲に取材し、劇的な時間、空間の象徴的処理にみられる能の劇構造上の特質をそれぞれ生かしながら、時代を敗戦後の現代にとり、人物や台詞(せりふ)を現代化し、作者独自の美的主題を展開したところに特色がある。その点、森鴎外(おうがい)の『生田川(いくたがわ)』(能『求塚(もとめづか)』による)や郡虎彦(こおりとらひこ)の『道成寺』などのような、能作品の近代劇化という系譜を戦後の日本演劇界に伝えている。なお、ドナルド・キーンによる英訳が1957年に刊行されて以来、各国語で翻訳紹介され、海外でも数多く上演されている。[石澤秀二]
『『近代能楽集』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんだいのうがくしゅう〔キンダイノウガクシフ〕【近代能楽集】
三島由紀夫による戯曲のシリーズ。能楽を近代劇に翻案した舞台作品群で、昭和25年(1950)から昭和35年(1960)にかけて、「邯鄲」「綾の鼓」「卒塔婆小町」「葵上」「班女」「道成寺」「熊野(ゆや)」「弱法師(よろぼし)」の8作品を発表。ほかに「源氏供養」という9作品目があるが、著者自身が廃曲としている。昭和31年(1956)に新潮社から刊行された同名の戯曲集の初版に「班女」までの5作品を収録。のちに増補された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近代能楽集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近代能楽集の関連情報

他サービスで検索

「近代能楽集」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.