Rakuten infoseek

辞書

近代映画協会【キンダイエイガキョウカイ】

デジタル大辞泉

きんだいえいがきょうかい〔キンダイエイグワケフクワイ〕【近代映画協会】
松竹に所属していた脚本家新藤兼人、映画監督の吉村公三郎、俳優の殿山泰司らが中心となり、昭和25年(1950)に設立した映画会社。日本の独立プロダクションの先駆的存在。のちに女優の乙羽信子、映画監督神山征二郎らも加わる。新藤らの脚本・監督作品を中心に、骨太な映画を数多く世に送り出した。代表作に、昭和35年(1960)公開の「裸の島」(モスクワ国際映画祭グランプリ)、平成7年(1995)公開の「午後の遺言状」(日本アカデミー賞最優秀作品賞)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近代映画協会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

近代映画協会の関連情報

他サービスで検索

「近代映画協会」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.