Rakuten infoseek

辞書

迎賓館【げいひんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

迎賓館
げいひんかん
赤坂離宮」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げいひん‐かん〔‐クワン〕【迎賓館】
外国からの賓客を歓迎し、もてなすための建物。
明治期洋風建築の代表作の一。東京元赤坂にある。旧赤坂離宮。明治42年(1909)フランスの宮殿様式を模した建物が完成、昭和49年(1974)の改修後、外国の賓客の接待・宿泊のための建物となる。国宝。
[補説]は、明治以降の文化財では初めて国宝に指定された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げいひんかん【迎賓館】
外国の賓客を接待・歓迎するための建物。
明治期洋風建築の代表作の一。旧赤坂離宮。片山東熊の設計になるネオバロック様式の宮殿建築で、1909年(明治42)竣工。1974年(昭和49)の改修を経て、国賓・公賓のための宿泊にあてられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

迎賓館
げいひんかん
東京都港区元赤坂2丁目にある国賓公賓のための宿泊所。この場所は江戸時代には紀州徳川家中屋敷の西苑(せいえん)であったが、1872年(明治5)に皇室に献上され赤坂離宮となり、73年の皇居炎上後は仮皇居となった。88年明治宮殿の竣工(しゅんこう)後は東宮御所に利用、99年からフランスの宮殿建築を模して現在の建物が建設された。耐震を考慮して建築面積の約3割が壁部分になり、構造は鉄骨・れんが造で、表面は花崗(かこう)岩が張られている。地下1階、地上2階のこの建物の建設にあたっては、明治の一流の画家、工芸家が動員され、室内装飾を華やかにしている。設計は片山東熊(かたやまとうくま)で、バロック風を基調とし新古典主義を加えている。1909年に完成、第二次世界大戦後の48年から国会図書館や内閣法制局が使用したが、67年に迎賓館に改めることになり、翌年から村野藤吾(とうご)の指導により改修工事を開始、74年に竣工。この際、谷口吉郎(よしろう)設計の和風意匠の別館が付設されている。[工藤圭章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げいひん‐かん ‥クヮン【迎賓館】
[1] 外国からの賓客をもてなすための建物
※赤い国の旅人(1955)〈火野葦平〉四月二八日「この『新僑飯店』は迎賓(ゲイヒン)館らしい」
[2] 東京元赤坂にある旧赤坂離宮のこと。明治期の洋風建築の代表作の一つ。フランスの宮殿様式を模したもので、明治四二年(一九〇九)完成。昭和四九年(一九七四)改修し、外国の賓客のための施設となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迎賓館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迎賓館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.