Rakuten infoseek

辞書

迎え角【むかえかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

迎え角
むかえかく
angle of attack
飛行機などの翼の断面の基準線 (翼弦線) と飛行機の進行方向,すなわち相対的な気流の方向とがつくる角度をいう。迎え角を変えることによって,翼の揚力が変化する。飛行機の揚力は翼の迎え角を大きくすると増加し,速度が減少すると小さくなる。そのため迎え角を大きくし,速度を減少すれば,揚力と重力が等しくなり,水平飛行を行なうことができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むかえ‐かく〔むかへ‐〕【迎え角】
飛行機などの翼の前縁後縁とを結ぶ直線(翼弦)が、空気の流れの方向となす角度。迎え角が大きいほど揚力は大きいが、ある限度を超えると後方の気流が乱れ、失速の状態となる。迎角(げいかく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むかえかく【迎え角 angle of attack】
固定翼機は翼にほどよい揚力が発生するように,翼面を飛行方向つまり風の当たる方向に対しやや上に向けて飛ぶ。この角度を迎え角といい,一般には翼の代表的な部分の翼弦(前縁と後縁を結ぶ線)が飛行方向となす角度で表す。飛行機の飛行中の主翼の迎え角はふつう0~15度くらいで,低速飛行時には揚力が発生しやすいように飛行方向に対して機首を上げて迎え角を大きくし,速度を出すにつれて機首を下げ迎え角を小さくする。ヘリコプターなどの回転翼の場合には,進行方向に直角な軸を想定し,この軸とピッチ不変軸との作る角で定義する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むかえかく【迎え角】
飛行機の翼弦線(翼の前縁と後縁を結ぶ線)が空気の流れとなす角度。大きいほど揚力は大きくなるが、ある限度を過ぎると逆に揚力がなくなり失速の状態となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迎え角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

迎え角の関連情報

他サービスで検索

「迎え角」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.