Rakuten infoseek

辞書

辺隅【ヘングウ】

デジタル大辞泉

へん‐ぐう【辺隅】
都から遠く離れた土地片田舎
「懸隔りたる―はさておき」〈岡部啓五郎・開化評林〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へんぐう【辺隅】
都から遠く離れた土地。辺境。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐ぐう【辺隅】
〘名〙 都から遠く離れた土地。国の片隅。僻隅。
※太政官第二一四号‐明治五年(1872)八月二日(法令全書)「右之通被仰出候条地方官に於て辺隅小民に至る迄不洩様便宜解云々を加へ」 〔蘇軾‐送范純粋守慶州詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辺隅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辺隅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.