Rakuten infoseek

辞書

辰韓【しんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

辰韓
しんかん
Chinhan
とも書く。古代朝鮮,南東部の地域名,部族名。『三国志魏志東夷伝によれば3世紀頃この地域 (現慶尚南北道の洛東江流域) には辰韓と称する部族があり,弁辰と雑居し 12国を構成していたという。しかし国といっても大国で 4000~5000戸,小国では 600~700戸程度できわめて原始的な部族国家であり,まだ三韓 (馬韓,辰韓,弁辰〈弁韓〉) を統一する国王は存在しなかった。各部族の首長が一応中国から官職を受け,その間接支配的形態下において部族民は主として農耕,漁労などにたずさわっていたようである。魏志東夷伝ではこの地方から鉄が産出され,中国の銭のように取引の対象になっていたと記している。辰韓が朝鮮史上注目されるのは4世紀初頭,楽浪,帯方2郡の滅亡契機として辰韓諸国の一つ斯盧 (しろ) 国が統合の中心となってやがて新羅形成するからである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんかん【辰韓】
古代朝鮮の三韓の一。朝鮮半島の東南部に12の部族的小国家として分立していたが、のち統一されて新羅(しらぎ)となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんかん【辰韓】
古代朝鮮半島の南部に存在した韓族の名称。3世紀初めころの朝鮮半島の状態について最も古く,かつ詳細に記した《三国志》魏志の東夷列伝中の韓伝によると,当時半島南部には3種の韓族が分立し,南西部には馬韓の諸国が存在し,辰韓諸国は馬韓の東方にあって,北は濊貊(わいばく)と接していたという。さらに彼らはかつて秦・漢動乱の際,難を避けて亡命して来たもので,馬韓人がその東界の土地を与えて自立させたことになっているが,もちろん伝聞の域を出ない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんかん【辰韓】
朝鮮古代、三韓の一。三世紀頃、朝鮮半島南東部に分立した一二の小国から成る。そのうちの斯盧しら国を中心に統合され、四世紀に新羅しらぎが成立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

辰韓
しんかん
古代朝鮮の半島南東隅地域、およびそこに居住した韓族をさす。現在の慶尚道、洛東江(らくとうこう/ナクトガン)東岸地域にあたる。『魏志東夷伝(ぎしとういでん)』韓条によれば、3世紀中ごろ、朝鮮半島南部は馬韓(ばかん)、辰韓、弁辰(べんしん)(弁韓ともいう)に分かれており、辰韓は12の小国からなっていた。諸国にはそれぞれ、臣智(しんち)、険側(けんそく)などとよばれた首長がおり、その規模は「大国は四、五千家、小国は六、七百家」と伝えられる。諸国の広さは後世の郡に相当するという学説がある。このような小国の連合体から、やがて楽浪(らくろう)、帯方(たいほう)2郡の滅亡を契機にして、4世紀中ごろには、辰韓一二国中の一国であった斯盧(しろ)国を中核に諸国は統合され、新羅(しらぎ)国となった。[李 成 市]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんかん【辰韓】
古代、朝鮮半島の南東部の地域名。三韓の一つ。三世紀中頃には一二の原始的な村落国家が分立していたが、楽浪・帯方二郡の滅亡を契機として統一の気運が高まり、部族連合を形成、四世紀中頃に新羅(しらぎ)を建国した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辰韓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辰韓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.