Rakuten infoseek

辞書

辰野金吾【たつのきんご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

辰野金吾
たつのきんご
[生]嘉永7(1854).8.22. 唐津
[没]1919.3.25. 東京
建築家,工学博士。仏文学者辰野隆。ヨーロッパの工業技術輸入のため政府が招いた建築技師ジョサイア・コンドルに師事し,1879年に工部大学校造家学科第1期生として卒業。イギリスに留学し,コンドルの師,ウィリアム・バージェズの事務所で修業。 1883年帰国後はコンドルの後任として工部大学校教授を務め,東京帝国大学工科大学教授,同学長として建築教育に専念。 1886年造家学会 (現日本建築学会) 創立に参加。のちに会長も務めた。 1902年退職後は建築事務所を設立して多くの建築設計に従事,洋風建築の発展に貢献した。主要設計は工科大学本館 (1888) ,日本銀行本店 (1890~96) ,両国国技館 (1909) ,東京中央停車場 (東京駅,1911~14) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

辰野金吾
1854~1919。現在の佐賀県唐津市出身。工部大学校(現東京大学工学部)で、英国建築家に学ぶ。「日本近代建築の父」と言われ、東京駅のほか日本銀行本店などを手がける。西洋建築が中心で、武雄温泉楼門のような和風建築は珍しいとされる。
(2013-04-20 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たつの‐きんご【辰野金吾】
[1854~1919]建築家。佐賀の生まれ。英国に留学。明治から大正の建築界に指導的役割を果たし、日本建築学会会長などを歴任。作品に日本銀行本店旧館・東京駅などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

辰野金吾 たつの-きんご
1854-1919 明治-大正時代の建築家。
嘉永(かえい)7年8月22日生まれ。辰野隆(ゆたか)の父。イギリスに留学し,帰国後帝国大学工科大学教授,のち工科大学長をつとめる。退官後は設計者として建築界に貢献した。代表作に日本銀行本店,東京駅など。大正8年3月25日死去。66歳。肥前唐津(佐賀県)出身。工部大学校(現東大)卒。旧姓松倉

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たつのきんご【辰野金吾】
1854‐1919(安政1‐大正8)
建築家。肥前国唐津に生まれる。工部大学校造家学科でコンドルの教えをうけ,1879年同校を卒業。渡英し,主としてバージェスW.Burgesのもとで設計を修業する。帰国後,84年東京帝国大学工科大学教授となり,伊東忠太,関野貞ら後進を育てる一方で,86年新興建設資本と協力して造家学会(後の建築学会)を結成した。明治中期以降の創成期日本近代建築界を主導し,その性格を決定づけた。また,東京や大阪に建築事務所を開設,多くの作品を設計建築する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たつのきんご【辰野金吾】
1854~1919 建築家。肥前の人。工部大学校卒。コンドルに学び、1884年(明治17)帝国大学工科大学教授。代表作に日本銀行本店・東京駅などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

辰野金吾
たつのきんご
(1854―1919)
明治・大正時代の日本建築界の元勲とされる。安政(あんせい)元年8月22日、唐津(からつ)藩(佐賀県)に下級武士の次男として生まれる。工学寮を経て1879年(明治12)工部大学校造家学科(現、東京大学建築学科)第1回生として首席で卒業。翌1880年、イギリス留学を命じられ1883年帰国、1884年から工部大学校に日本建築の講座を設けて担当する。以来、近代日本の建築界を指導し、数多くの建築家を育成したほか、教育界、建設界にも業績を残している。1898年帝国大学工科大学長となり1902年(明治35)退官。建築学会会長、議院建築調査会委員を歴任したほか、辰野葛西(かさい)建築事務所(東京)、辰野片岡建築事務所(大阪)を開設、日本銀行本店、東京駅、旧両国国技館をはじめとする日本近代建築史上重要な作品を手がけている。大正8年3月25日没。なお長男はフランス文学者、随筆家の辰野隆(ゆたか)[村松貞次郎・藤原恵洋]
『藤森照信著『日本の建築 明治大正昭和3 国家のデザイン』(1979・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たつの‐きんご【辰野金吾】
明治時代の建築家。肥前の人。工学博士。工部大学校造家学科第一回の卒業生。二度にわたりヨーロッパに留学。東京帝国大学教授。多くの建築家を養成し、西洋建築の導入に大きな功績を残した。代表作に「旧東京駅(焼失)」「日本銀行(旧館)」などがある。安政元~大正八年(一八五四‐一九一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

辰野金吾
たつのきんご
1854〜1919
明治時代の建築家
肥前(佐賀藩)唐津の生まれ。1879年工部大学校卒業後イギリスに留学し,帰国後 '84年工部大学校(現東大工学部)教授となる。洋風建築技術を学んだ最初の日本人で,代表作品に日本銀行本店・東京駅などがある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辰野金吾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辰野金吾の関連情報

関連キーワード

ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)安政オレンジ自由国安政地震神奈川条約津田ナダールリーマンシュピンナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.