Rakuten infoseek

辞書

【ジ】

デジタル大辞泉

じ【辞】
ことば。「歓迎の
漢文の一体。楚辞の系統をひく様式で、押韻して、朗誦に適した文。陶淵明の「帰去来辞」など。
単語を文法上の性質から二つに分類したものの一。詞(し)に対する。単独では文節を構成しえず、常に自立語)に伴って文節を構成する語。助動詞助詞がこれに属する。時枝誠記(ときえだもとき)の学説では、助動詞・助詞のほか、接続詞感動詞などもこれに含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【辞〔辭〕】[漢字項目]
[音](呉) [訓]やめる ことば
学習漢字]4年
ことば。文章。「辞書辞令訓辞言辞謝辞修辞助辞措辞題辞遁辞美辞名辞
やめる。ことわる。「辞職辞退辞任辞表固辞
別れを告げる。「辞去辞世
漢文の文体の一。「辞賦
[名のり]こと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じ【辞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じ【辞】
ことば。文章。 告別の-
漢文の文体の一。賦に似ており、抒情性の豊かな韻文的要素の強いもの。 →
国文法で、単語を文法上の性質から二大別したものの一。
橋本進吉の説では付属語(助詞・助動詞)をいう。
時枝誠記の説では、概念過程を経ることなく、事柄に対する言語主体の立場を直接に表現する語をいう。助詞・助動詞のほか、感動詞・接続詞・陳述副詞をも含む。
[句項目] 辞を低くする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ【辞】
〘名〙
① ことば。文章。語句。
※万葉(8C後)一八・四一三二・右詞文「稍開来封其辞云々者、先所奉書返畏度疑歟」
※正法眼蔵(1231‐53)陀羅尼「あまた請坐の辞あり」 〔易経‐繋辞・上〕
② 公式令に規定されている文書の様式の一つ。下級官人・庶民が官司に差出す文書様式とされているが、現存しているものはなく、また一般には解(げ)の様式の文書が作製されることが多い。辞状。
※令義解(718)公式「年月日位姓名。辞。〈此謂雑任初位以上〉〈略〉其事云云。謹辞」
③ 中国の、古典文学の一ジャンル。もと中国古代の南方の民間歌謡の呼び名であったが、しだいに歌わないで朗誦するだけとなり、長篇化した。のち賦ともいい、あわせて辞賦とも呼ぶ。韻はふむが規則はきわめてゆるい。→
④ 日本語の単語を文法上の性質から二つに大分類した一つ。付属語(助詞・助動詞)をいう。てにをは。時枝誠記の文法説では助詞・助動詞・接続詞・感動詞・ある種の副詞を含む。⇔

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐・す【辞】
[1] 〘自他サ変〙 ⇒じする(辞)
[2] 〘他サ五(四)〙 =じする(辞)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐・する【辞】
[1] 〘自サ変〙 じ・す 〘自サ変〙
① ことばをかける。挨拶(あいさつ)する。会釈(えしゃく)する。
※春曙抄本枕(10C終)六「今しづかに御局(みつぼね)にさぶらはむと、じしていぬれば」
② 退出する。引き下がる。いとまごいをして帰る。まかる。
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「ながく父王の国土を辞して」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生東京を去る「少からず満足して先生の許を辞した」
[2] 〘他サ変〙 じ・す 〘他サ変〙
① 辞退する。すすめられたことや頼まれたことを断わる。現在では「…を(も)辞せず」(五段なら、「辞さない」)の形で、「…を恐れたり、避けたりしない」の意の強い決意を示すのにも用いる。「強硬手段をも辞せず」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「朝廷(おほやけ)にもかなはず、つかさくらゐも辞して、三条の末、京極の大路に広く面白き家を造りて、娘に琴を習はす」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「半夜突然来って君をはせしに、君辞せずして厚待に遇ふ」
② 辞職する。勤めている職をやめる。
※源氏(1001‐14頃)竹河「年ごろ、かう思しおきてしかど、えじし給はざりしを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.