Rakuten infoseek

辞書

辛苦【シンク】

デジタル大辞泉

しん‐く【辛苦】
[名](スル)《古くは「しんぐ」》つらく苦しい思いをすること。また、その苦しみ。「辛苦して子供を育て上げる」「艱難(かんなん)辛苦」「粒々(りゅうりゅう)辛苦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんく【辛苦】
スル
非常につらい目にあって苦しむこと。生活・仕事の上での苦労。辛酸。苦心。 粒々りゆうりゆう 快楽を大にせんが為めに格別に-し/福翁百話 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐く【辛苦】
〘名〙 (形動) (古くは「しんぐ」)
① つらいめにあって苦しむこと。また、そのさま。つらい苦しみ。艱難困苦
※万葉(8C後)五・八九七・題詞「老身重病経年辛苦及思児等歌七首」
※史記抄(1477)一七「百姓が辛苦して筋力を尽して」 〔春秋左伝‐襄公九年〕
② 辛味と苦味。辛く苦いこと。また、そのさま。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉一〇「大抵蓼と異ならず只味ひ淡くして辛苦なることなし」 〔菫仲舒‐春秋繁露・五行之義〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辛苦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

辛苦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.