Rakuten infoseek

辞書

輸入材【ゆにゅうざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

輸入材
ゆにゅうざい
imported timber
外国から輸入される材木外材ともいう。日本,アメリカ合衆国などは二大木材輸入国である。日本ではアメリカ,カナダからの米材東南アジアからの南洋材,ロシア (旧ソ連) からの北洋材に代表される。第1次世界大戦前までは米松大径材チーク材など特殊なものに限られていたが,大戦後急速に増大,1928年には輸入材の占める割合が 25%にも達した。第2次世界大戦後は 48年に輸入再開。ラワン材を除いて注目すべきものはなかったが,経済の高度成長期に入った 61年からの伸びは著しく急増した。しかし近年は地球環境問題,発展途上国における経済政策的見地などから,国際熱帯木材機関 (ITTO) などの国際機関を通じ,世界規模で森林保全のための木材貿易の国際的規則や規制への動きが検討されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

輸入材
ゆにゅうざい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸入材」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輸入材の関連情報

他サービスで検索

「輸入材」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.