Rakuten infoseek

辞書

【リン】

デジタル大辞泉

りん【輪】
[名]
大きく円形に開いた花冠。
「あれだけ―の大いのは世間に珍しい」〈鉄腸・花間鶯〉
覆輪(ふくりん)」の略。
[接尾]助数詞。
咲いている花を数えるのに用いる。「一の菊」
車輪を数えるのに用いる。「二車」「四の馬車」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りん【輪】[漢字項目]
[音]リン(呉)(漢) [訓]
学習漢字]4年
〈リン〉
車のわ。また、自転車や自動車のこと。「輪禍銀輪競輪(けいりん)後輪車輪前輪動輪両輪三輪車
車のわのように円形のもの。「輪舞火輪月輪光輪大輪日輪年輪半輪外輪山五輪旗
まわり。「輪郭覆輪
順番が回ってくる。「輪読輪廻(りんね)輪番
仏教で、大地をささえているわ。「金輪際(こんりんざい)
仏教で、五大(地水火風空)のこと。「五輪塔
〈わ〉「面輪(おもわ)金輪(かなわ)首輪喉輪(のどわ)花輪指輪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わ【輪/環】
曲げて円形にしたもの。また、円い輪郭。環(かん)。「鳥が―を描いて飛ぶ」「指―」「花―」
軸について回転し、車を進めるための円形の具。車輪。「荷車の―が外れる」
桶(おけ)などのたが。「桶の―がゆるむ」
人のつながりを1に見立てていう語。「友情の―を広げる」
紋所の名。円形を図案化したもの。
[下接語]浮き輪渦輪内輪腕輪襟輪面(おも)輪貝輪金(かな)輪唐(から)輪口輪首輪・曲(くる)輪・ゴム輪後(しず)輪外輪台輪知恵の輪竹(ちく)輪稚児(ちご)輪茅(ち)の輪月の輪吊(つ)り輪弦(つる)輪泣き輪喉(のど)輪花輪鼻輪埴(はに)輪吹き輪前輪三つ輪耳輪指輪両輪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りん【輪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わ【輪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りん【輪】
( 接尾 )
助数詞。花や車輪の数を数えるのに用いる。 「梅一-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りん【輪】
[1] 〘名〙
① 車のわ。車輪(しゃりん)
② 車輪の形をしている物。まるい物。輪状の物。わ。
※名語記(1275)三「りむは輪也、〈略〉日輪・月輪・車輪等これ也」
③ 一つの花の花びらの全体。また、大きく花が咲いている様子。また、その花。
※四季物語(14C中頃か)五月「からうして花のりん三つ四つ奉りすて行ぬ」
④ (「輪」は、かわるがわるの意) 「りん(輪)の手」の略。
⑤ (「輪」は、外のまわりの意) 衣服の襟(えり)・袖(そで)・裾(すそ)などに別の布でへりをとったもの。袖べり、そぎえり、半襟(はんえり)、覆輪(ふくりん)など。
※平家(13C前)四「八尺ばかりありけるくちなはが、おとどのさしぬきの左のりんをはひまはりけるを」
⑥ 仏具の一つ。輪宝のこと。伝法灌頂には受者が両足の間にはさむ。
※参天台五台山記(1072‐73)四「羯磨四枚・輪一枚・橛八枚」
⑦ 仏教で、法を広めることを車輪が回ることにたとえたもの。法輪。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「もろもろの菩薩おほく、みなことごとく利根にして、不退の輪(リン)(〈注〉ノリ)を転せん」
[2] 〘接尾〙
① 咲いている花冠・花の数をかぞえるのに用いる。
※宗長手記(1522‐27)下「冬の梅は、一りん二りんかすかに咲て匂ふこそ、あはれふかからめ」
② 車に付いている車輪の数をかぞえるのに用いる。「一輪車」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.