Rakuten infoseek

辞書

輝銀鉱【きぎんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

輝銀鉱
きぎんこう
argentite
Ag2S等軸晶系(→立方晶系)に属するの主要な鉱石鉱物。正六面体または正八面体微晶で塊状をなす。硬度 2~2.5,比重 7.2~7.4。金属光沢,帯黒鉛灰色針銀鉱と同質異像。新第三紀の低温の浅熱水石英脈中に,ほかの銀鉱物,自然金,硫化鉱物などとともに産する。(→

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きぎん‐こう〔‐クワウ〕【輝銀鉱】
硫黄からなる鉱物。等軸晶系。金属光沢のある黒灰色で軟らかく、ナイフで切れる。セ氏173度以下で単斜晶系に転移し針銀鉱になるが、両種を区別せず銀鉱とよぶことも多い。銀の重要な原料鉱石。アルゲンタイト化学式Ag2S

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きぎんこう【輝銀鉱 argentite】
化学組成はAg2S。Sを置換してSeが入ることがある。立方晶系に属し,立方体,八面体,まれに十二面体結晶をなす鉱物。明瞭な結晶形をなさず,樹枝状,塊状をなして産出することが多い。暗い鉛灰色で金属光沢をもつ。比重7.4,モース硬度2~2.5。展性に富み,また小刀で切れる。173℃以下では針銀鉱(Ag2S。単斜晶系)の方が安定であり,輝銀鉱として晶出したものも,室温では針銀鉱に転移している。銀の重要な鉱石。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きぎんこう【輝銀鉱】
硫化銀からなる鉱物。立方晶系。鉛灰色で金属光沢があり軟らかい。熱水鉱床に産し、銀の重要な原料鉱石。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

輝銀鉱
きぎんこう
argentite
針銀鉱の高温変態後の仮晶pseudomorph(仮像ともいう。外形を保ったまま原子配列や化学組成が変化した結晶質物質)。転移点179℃。多くは粒状、あるいは一見六方晶系の六角柱状の輪郭をもつ。[加藤 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きぎん‐こう ‥クヮウ【輝銀鉱】
〘名〙 銀の硫化鉱物。黒みのある鉛灰色で、不透明な金属光沢をもつ。等軸晶系で、網状、樹枝状、塊状をなす。熱水鉱床中に金銀鉱床を形成して産する。アージェンタイト。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輝銀鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

輝銀鉱の関連情報

関連キーワード

硫砒銅鉱アギラル鉱硫化銀針銀鉱銀鉱物硫化銀

他サービスで検索

「輝銀鉱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.