Rakuten infoseek

辞書

軽油【けいゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

軽油
けいゆ
light oil
石油製品の一つ。原油常圧蒸留して各種の留分を得る際に灯油重油中間で得られる分。沸点 200~350℃前後,比重 0.83~0.88。黄色みがかった色のついた透明の油である。用途は主として各種のディーゼル機関燃料,焼玉機関の燃料などに用いると同時に,一部は石油ストーブの燃料,機械類の洗浄油,接触分解用の原料油,あるいは重油の混合基材にも用いる。ディーゼル機関用の燃料は揮発性,粘度着火難易など条件が多いが,軽油はたとえばエンジンの高速回転に伴い燃焼速度が高まること,着火点が低く順調に燃焼すること,粘度が適当で均一に燃焼すること,蒸留残滓が少く完全燃焼することなどの特色をもっており,これに適している。また最近では,その低硫黄性 (約 0.5%) が着目され,重油の代りにボイラ用,加熱炉用の燃料にも使用されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい‐ゆ【軽油】
原油を蒸留したとき、灯油と重油の間、セ氏約250~400度の範囲で留出する油。石油発動機やディーゼル機関の燃料などに用いる。ガス油
コールタールの蒸留で、セ氏約80~180度の範囲で留出する油。ベンゼントルエンピリジンなどを含む。タール軽油。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいゆ【軽油】
石炭系のガス軽油gas light oilを指す場合と石油系のガス油gas oilを指す場合とがあるが,ここでは後者について解説する。一般に,灯油と重油の中間の沸点範囲をもつ石油留分を軽油(ガス油)といい,石油精製工程で生ずる中間製品および最終製品の両者に対してこの名称が使われる。中間製品としての軽油には軽質軽油重質軽油があり,前者常圧蒸留塔から得られる沸点範囲約220~340℃の留分,後者は減圧蒸留塔から得られる塔頂の留分である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいゆ【軽油】
gas oil 原油を常圧蒸留したときに、灯油の次に留出してくる沸点が約摂氏220~350度の留分。また、これから硫黄化合物などの不純物を除いたもの。分解ガソリンの原料のほか、ディーゼル機関の燃料などに用いられる。ガス油。
light oil コールタールを蒸留して得られる沸点が約摂氏80~170度の留分。芳香族炭化水素の混合物。ベンゼン・トルエンなどの原料。タール軽油。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

軽油
けいゆ
gas oil
石油製品の一つ。重油に比べて沸点が低いことから軽油とよばれる。各種炭化水素の混合物で、沸点は200~550℃の範囲、引火点は50℃以上、比重0.79~0.85の間である。色は原料の石油により異なり、無色ないし淡褐色である。
 軽油には軽質軽油と重質軽油があり、前者は石油の常圧蒸留において灯油ののちに留出する沸点約200~340℃の留分である。通常の石油製品としての軽油は、軽質軽油と、これを水素化脱硫した脱硫軽油とを調合したもので、自動車や鉄道用などの高速ディーゼルエンジンの燃料に主として用いられる。ディーゼル燃料の重要な性質は、着火性を表すセタン価であり、高速ディーゼル燃料としてはセタン価40~60のものが用いられる。
 重質軽油は、石油の常圧蒸留において軽質軽油ののちに留出する留分と、常圧蒸留残油の減圧蒸留において最初に留出する油である。重質軽油またはこれを水素化脱硫したものは、常圧蒸留残油と調合され重油となる。また、分解ガソリン製造のための接触分解および水素化分解の原料としても用いられる。軽油のそのほかの用途としては、機械の洗浄用、陶磁器用バーナー燃料、溶剤などがある。
 なお、軽油は石油の蒸留で得られるほか、減圧蒸留残油(ストレートアスファルト)の熱分解による石油コークスの製造の際に副生する。石炭の液化油およびオイルサンドまたはオイルシェールからの合成石油を原料として製造することも可能である。[難波征太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐ゆ【軽油】
〘名〙
① 原油の常圧蒸留で得られる沸点摂氏約二〇〇~三五〇度、灯油と重油の間に留出する石油製品。淡黄色ないし赤褐色の液体で、石炭系の軽油と区別するためにガス油ともいう。パラフィン、シクロパラフィン、芳香族、炭化水素などの混合物で一パーセント程度の硫黄を含む。ディーゼル燃料、バーナー燃料、機械などの洗浄油、分解ガソリン、油ガスの製造原料など、広く用いられる。〔稿本化学語彙(1900)〕
② コールタールを蒸留して得られる沸点範囲摂氏約八〇~一八〇度の留分。ベンゼン、トルエン、キシレンなどを含む。タール軽油。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

軽油
ケイユ
gas oil

沸点約250~350 ℃ の石油製品.原油の常圧蒸留によって得られる留出油中の最高沸点留分にあたり,通常,これを水素化精製して硫黄分などの不純物を除き製品とする.おもに大型トラック,大型バスなどの高速ディーゼルエンジン用燃料として使用される.これらの燃料としては,セタン価,硫黄分などに対して規格が定められている.また,未精製あるいは水素化精製した重質軽油留分は,常圧蒸留残油と調合して,各種品質の重油が調製される.このほか,常圧蒸留残油をさらに減圧蒸留すると得られる重質軽油(減圧軽油)は,おもに接触分解ガソリン製造原料に用いられる.[別用語参照]ディーゼル燃料

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軽油の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.