Rakuten infoseek

辞書

軍鶏【シャモ】

デジタル大辞泉

シャモ【軍鶏】
シャムロから》の一品種が長く、くちばし鋭い。足は太く、大きなけづめをもつ。闘鶏に用いられ、現在は肉用ともする。名は江戸初期にシャムから渡来したことにちなむ。シャムロ鶏(けい)。ぐんけい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐん‐けい【軍鶏】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

軍鶏(しゃも)
鶏の品種のひとつ。江戸時代にシャム(現在のタイ)から日本に入ってきた鶏で、日本農林規格の指定在来種。闘鶏、肉用鶏。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぐんけい【軍鶏】
シャモの異名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャモ【軍鶏】
江戸時代、シャムから渡来したことからいう
ニワトリの一品種。雄は体重5キログラムに達し、闘鶏用に飼育されるが、食肉用としてもすぐれている。天然記念物。 軍鶏とも書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

軍鶏 (シャモ)
学名:Gallus gallus var.domesticus
動物。キジ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐん‐けい【軍鶏】
〘名〙 軍鶏(しゃも)のこと。〔音訓新聞字引(1876)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャモ【軍鶏】
〘名〙 (「シャムロ(暹羅)」から) ニワトリの品種の一つ。江戸初期にシャム(タイ)から輸入され、日本で改良されたものという。首は長く、肩幅が広い。目はするどく、足に大きなけづめをもつ。羽色は褐色、黒色、銀灰色など。昔から闘鶏に用いられ、現在は主として愛玩用・肉用に飼育される。シャム。シャムロけい。シャムロどり。ぐんけい。
※咄本・都鄙談語(1773)矮雞「おれは暹羅(シャモ)を飼ふが、そんなまはり遠い啼やうはせぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軍鶏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

軍鶏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.